ヨーロッパの国々で見かける、おしゃれな家。

またはアメリカやカナダの街で出会う、可愛らしいカントリー調の家。

 

輸入住宅、と聞くとそんなイメージが浮かびます。

でもそれは、海外の話でしょう?

 

いいえ、日本でも輸入住宅が建てられます!

 

今回はとても気になる輸入住宅について、特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

海外の家?輸入住宅とは?メリットやデメリットは?特徴は?

輸入住宅とは?特徴は?

輸入住宅

実は「輸入住宅」について、明確にこれ!と定められた定義はありません。

一般的には「海外の生活様式や考え方、気候などを基に設計され、建築の資材を輸入して国内に建築された住宅」を輸入住宅と呼ぶそうです。

 

輸入住宅の具体的な特徴としては、以下のようなものがあります。

○従来の日本の家ではあまり見られなかった。
色遣いやデザインの家が建てられる(主にヨーロッパスタイルと北米スタイルがあります)

○床や壁、天井などの「面」で家を支えるという発想のツーバイフォー(2×4)工法や木質パネル工法を採用している

 

以下に参考動画を載せておきます

輸入住宅のメリット・デメリット

輸入住宅のメリット

メリットは何と言っても、デザイン性が高いことだと思います。

 

外観だけでなく、暖炉が似合いそうなウッディーな室内など、本当に外国に来たような気分を自宅で味わえます。

 

また、従来の日本の家では柱や梁がありますが、壁で家を支える工法だと柱が要りません。

と言うことは、間取りが広く使えるのです!

 

その他、寒い国から来た輸入住宅では気密性や断熱性が高かったり、長く住むことを基本とした国が多いので耐震性に優れていたりと、輸入住宅にはメリットがいっぱいあります。

輸入住宅のデメリット

デメリットとしては、やはり元が海外の住宅なので、日本の気候や風景に合わない場合があるということです。

 

「乾燥しがちな国からの輸入住宅では、湿気の多い日本にはなかなか合わない」
「従来の日本風の家が並ぶ風景に合わない」

などが考えられます。

 

また、建てた後のメンテナンスが難しかったり、リフォームしようと思った時に間取りなどの変更が難しくなりがちなこともデメリットとして挙げられます。

 

実際に輸入住宅を建てる時は、建てた後のこともよく考えることが重要ですね。

輸入住宅に暮らす時はメリット・デメリットを考えて

輸入住宅には、輸入元の国々に暮らす人々の生活に対する考え方が詰まっています。

 

日本に居ながら、その考えに触れることができるのはとても魅力だと思います。

 

日本と海外、その二つを常に経験できる輸入住宅で暮らしたら、毎日の生活がより豊かで実り多くなりそうです。

どのような家にしようか迷ったら、輸入住宅もぜひ候補に加えてみて下さいね。