床暖房は暖かさそうですが、どんな風に床暖房がついているのかが気になる所です。

 

またいろいろ種類がありますが、結局何がいいのか素人にはわからないですよね。

 

ということ今回は床暖房を購入する予備知識として、

床暖房の種類は?

床暖房の選び方は?

床暖房メリット、デメリットは?

床暖房の価格・費用はいくら?

について紹介したいと思います。

床暖房とは?種類とかかるコストは?価格・費用は?メリット・デメリットを考えて購入!

そもそも床暖房とは?

2016y10m08d_152539652

床暖房とは、床から直接伝わる熱と床から部屋全体に暖かさが広がって、熱の組み合わせで暖められます。

 

ファンヒーターのように高温に熱した空気の流れで、部屋を暖めるので床が暖かくて、冬も快適に過ごすことができます。

床暖房の種類はあるのか?

電気ヒーター式、温水循環式の二種類があります。

以下にそれぞれの種類の床暖房を紹介しますね。

床暖房の電気ヒーター式とは?

熱源機が必要ないので比較的設備費が安く、一部屋の床暖房に使います。

~熱線式~

発熱体の線に電気を通して発熱します。

~炭素繊維(カーボン)式~

耐久性がよく炭素繊維を発熱するヒーターです。

~PTC発熱ヒーター~

自己発熱を持ち、ムダな発熱を抑えられます。

~蓄熱式電気ヒーター~

夜間の電気を利用して電気をためて熱を暖めます。

昼間に自然放熱させます。

※土間コンクリートを暖めるもの、熱をためて置く素材があります。

床暖房の温水式とは?

電気・ガス・灯油などの燃料で温水をつくり熱を放出します。

熱源機によってコスト、排ガスを出さないヒートポンプ式やガスエンジンで発電するものまで様々な種類の物があります。

~多機能型エコキュート~

夜間は昼間と比べて電気代が安いので、昼間ためて置いた電気を利用します。

 

沸かしたお湯給湯、風呂の追焚き、床暖房にも使用できます。

床暖房の面積、使用できるのにも限度があります。

~床暖房専用ヒートポンプ~

大気の熱をくみあげて利用します。

消費電力の3倍の熱エネルギーが床暖房に利用できます。

二酸化炭素も出ないので自然に優しいです。

~エアコン連動型ヒートポンプ~

ヒートポンプの機能の他に、夏、暖房をつけた時にエアコンで室内を暖めることができます。

※利用できる面積は15帖ぐらいです。

~太陽熱利用温水器~

太陽の熱で蓄えた温水をガス、灯油ボイラーで再加熱して温水を循環させる働きがあります。

~エコジョーズ(ガス)+ヒートポンプ(電気)~

排熱を利用したガス給湯器、大気熱を利用するヒートポンプの組合せた給湯器です。

~太陽熱利用+エコジョーズ(電気)~

太陽熱を使ってお湯を沸かす給湯器です。

補助でガス給湯器を使うのでお湯切れが起きません。

太陽のエネルギーを利用して光熱費を節約できます。

~温水暖房付き給湯器※潜熱回収型も含む~

給湯、暖房を共用するガスボイラーです。

給湯器一台分のスペースで床暖房も行えます。

~床暖房専用熱源機~

床暖房専用のガスボイラーです。

制限がないので温度制御も簡単です。

温水式の中で設備費用が安いです。

床暖房の選び方は?

床暖房の種類、メーカーによって価格が違うので、考えてから床暖房を選ぶのが大切です。

 

床暖房は、一度置くと簡単に変えることができません。

安全で耐久性のある製品を選ぶ事が重要です。

 

ちなみに床暖房の保証期間は、一般的に2年~10年です。

床暖房のメリット・デメリットは?

床暖房のメリット

部屋全体を暖める3つの効果!

床からの暖かい空気が上に移動する自然対流があります。

床に足元に伝わる熱伝導があります。

赤外線の熱が反射してお部屋全体に伝わるふく射熱です。

ほこりが舞いにくい

床暖房は風が起こりにくいので、ほこりが舞う事はありません。

そのためウイルスも部屋全体に広がらないので、空気がきれいに保たれています。

熱を放出する所が床下にあるので場所をとらず!

足元を暖める暖房器具は、置く場所が必要です。

その点床暖房はスペースをとりません。

空気が乾燥しにくい

部屋が乾燥すると、風邪などのウイルスが入ってきやすくなります。

他の暖房器具は床暖房と違って、部屋が乾燥しやすいので、濡れたタオルなどを近くに置く事が必要になります。

音もなく環境に優しい

床暖房は空気を汚さず、騒音もしません。

床暖房のデメリット

初期費用が高い?

リビング、ダイニングに床暖房を入れると、広さ、メーカーにもよりますが、約25万円~100万円ほど費用がかかります。

 

電気式:初期費用、メンテナスは安いが電気代は高くなります。

温水式:初期費用、メンテナンス費用は高めで、燃料費は面積が大きいほど安くなります。

※部屋全体を暖めると費用がかかるので人がいる場所だけを暖める事で毎月の出費を抑える事ができます。

種類によってはすぐには暖かくなりません。

温水式は暖まるのに約30分はかかります。

節約するために、電源のON/OFFを繰り返すと電気式の時は、ONの電源を入れる時にエネルギーを必要とします。

※朝はタイマーで早めにつけておく。

維持費がかかる

メンテナンスや交換、ボイラーの整備、交換が必要になります。

床暖房の価格・費用は?

広さは約12畳でかかる費用は、電気式床暖房初期費用が570,000円かかります。

※ランニングコストが月で13,000円かかります。

 

温水式ガス床暖房は、初期費用が770,000円かかります。

※ランニングコストが月8,000円かかります。

 

メーカーによって価格が変わるので、床暖房をつける時は相談しましょう!!

床暖房はメリットが多いけど価格・費用が高い!種類と特徴を見極めて選ぶ?

今回は床暖房について紹介させて頂きました。

 

床暖房はメーカーによって違うので、業者さんとちゃんと話し合って決めないといけないんだなぁと思いました。

 

床暖房が自宅にあると冬場、足元が冷たくなることもないから冷え性の女性にはぴったりですね。