仰向け用の枕だと高さが合わない・・・

なんだか首に疲れが・・・

と感じたことはありませんか?

 

実は私も仰向けで寝ることができない、横向き派。

枕選びにはとても慎重になっています。

 

睡眠の質は健康をも左右すると言われていますので、横向き寝に合った専用の枕を上手に選んで、快眠生活を送りましょう。

 

今回は、

横向き寝のメリットとデメリット

横向き寝の枕の特徴

横向き寝の枕の選び方

について調べてみました!

横向き寝の特徴・選び方?横寝枕のおすすめ・ポイントは?

横向き寝のメリットとデメリット

寝るときの姿勢は、仰向け、横向きが同じくらいの割合、時々うつ伏せの人もいるようですね。

一日の1/3程度を占める睡眠時間、心地よく寝て、スッキリと起きたいものです。

 

まずは横向き寝のメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット】

●腰への負担が少ない

●いびきや無呼吸症候群の予防にもつながる

●背中が圧迫されないことで副交感神経が働きやすく、安眠効果を得られやすい

 

【デメリット】

●骨盤をはじめとした身体の歪みにつながる

●ほうれい線ができやすくなったり、たるみの原因につながる

●枕との摩擦でニキビや肌トラブルを引き起こす可能性がある

横向き寝の枕の特徴

体型によって差異はありますが、仰向け用の枕と横向き用の枕とでは、最適な高さが異なります。

一般的に、仰向け用は低め、横向き用は高め、が最適と言われています。

 

横向き寝の枕によくある特徴としては、

①背骨をまっすぐに保てるもの

②高さの調節ができるもの

③枕の中材が頭部と頸部の形に沿ってくぼむもの

④抱き枕もおススメ

などが挙げられます。

横向き寝の枕の選び方・ポイント

長く使う枕ですから、特徴を知って慎重に選びたいですよね。

横向き寝の枕を選ぶ際のポイントをご紹介します。

①高さを慎重に選ぶこと

枕は、高すぎても低すぎても体調に影響を及ぼします。

枕に乗った頭が上がらず・沈まず、まっすぐの状態かをチェックしましょう。

②形

一般的に横長の枕が多いのですが、真ん中がくぼんだタイプや、肩まで乗せることができるアーチ型のタイプなどもあります。

③素材

柔らかめ、硬めとありますが、自分に合った素材を選びましょう。

頭と首を圧迫せず、きちんと支えることができる硬さが目安です。

④大きさ

寝返りをスムーズに打つことができる大きさの枕を選びましょう。

 

人は寝ている間に20回以上も寝返りを打ちますので、頭に合っていない大きさの枕を選んでしまうと、うまく寝返りを打つことができません。

目安は、頭3個分の大きさです。

横向き寝の枕の特徴を知る!私にぴったりの快眠横寝枕を見つけましょう!

いかがでしたでしょうか?

 

最近は横向き専用の枕も沢山販売されています。できれば実際に体感して、ぴったりの枕を選びたいですね。

 

睡眠は健康や美容にも関わってきますので、良質な睡眠を心掛けましょう!