屋根裏部屋は、家の中の1番奥まった空間で、落ち着き安心感のある場所に感じませんか?

 

また隠し部屋のような感じがして、大人も子供もどんな風に使おうかとワクワクする空間だと思います。

 

他の部屋とは違う感覚にさせてくれる屋根裏部屋を子供の想像や妄想を巡らせる場所にしてあげませんか?

 

そんな屋根裏部屋の造りと事例・注意点を見てみましょう。

屋根裏部屋の子供部屋事例まとめ!リフォーム時の注意点は?

屋根裏部屋の造り

屋根裏部屋は屋根の裏側の小屋組部分の空間を利用したロフト・アティック・グルニエ等とも呼ばれる小部屋です。

 

屋根裏部屋には建築基準法で床面積と天井高の制限があります。

 

設置する階の2分の1までと天井高1.4m以下の場合は床面積や階とは判断されません。

床面積に算入させない場合は上記の条件に注意して設計しましょう。

 

また階段は固定式かはしごにするかは建築基準法に決まりはありませんが建築地の各行政庁に規約がある場合があるので事前に調べましょう。

屋根裏部屋の事例

子供部屋としています窓も2ケ所にあり風の通り道ができています。

屋根裏 子供部屋
(画像引用元:http://img02.ti-da.net

天窓を付けると天体観測もできます

屋根裏 子供部屋
(画像引用元:http://blog-imgs-43.fc2.com

また落ち着いて読書をするのも屋根裏部屋は最適です。

 

屋根裏 子供部屋
(画像引用元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

壁収納でおもちゃや本をスッキリと片付けられます。

 

屋根裏部屋 子供部屋
(画像引用元:http://www.ai-design-home.co.jp

プラレール遊びも思い切り楽しめます。

 

大きな室内遊具も屋根裏部屋なら邪魔になりませんね。


(画像引用元:http://us.123rf.com

壁のデザインが楽しそうで、何をして遊ぼうかワクワクします

子供部屋内のロフト

子供部屋内のロフトは大きくはできないかもしれませんが1室の中での違う空間ができます。

 

ロフトの下も壁で少し囲ったスペースをつくる方法もあります。

屋根裏部屋 子供部屋
(画像引用元:https://e-ie.co.jp

また間仕切りにもなっています。

 

屋根裏 子供部屋
(画像引用元:https://cdn.suvaco.jp

照明器具をつければ勉強するのも大丈夫です。

 


(画像引用元:http://madori.archi21.co.jp

狭い子供部屋ではロフトベッドのレイアウトもあります。

屋根裏部屋やロフトで注意する事

屋根裏部屋の天窓は魅力ですが日除け対策も考えたガラスやシェードを取付けましょう。


(画像引用元:https://rehome-navi.com

方角にもよりますが夏場の日差しはとても強いです。

 

また開閉できる窓を付けて上昇してくる熱気を排出できるようにしましょう。

子供の遊び場だったロフトのその後

子供の遊び場として造ったロフトも子供の成長と共に使い方は変化するでしょう。

屋根裏部屋 子供部屋
(画像引用元:http://hirayalife.everyday.jp

遊ばなくなった代わりに趣味の事をする場所にしたり収納場所として活用できます。

想像力が育まれる屋根裏部屋の子供部屋!

我が家でもリフォームでロフトを造った時には子供や、お友達も大喜びで、家に来ては「今日はここで何をして遊ぶ?」と皆で相談して遊んでいました。

 

また今日は「ここでおやつを食べてみよう」と特別な場所に感じるようで楽しくお友達と過ごしていたのを思い出します。

 

このようにロフトや屋根裏部屋は子供の想像力を育てるのには良い場所造りになると思います。