最近は、DIYをする人が増えています。

初心者でも簡単にDIY ができるので子供がいる家庭でも子供と一緒にDIY を楽しむ事ができます!

 

という事で今回は

DIY ウッドデッキに必要な材料?

DIY でウッドデッキの組み立て方は?

ウッドデッキにかかる費用・予算は?

について紹介したいと思います。

DIYでウッドデッキの作り方!

DIYでウッドデッキに必要な物は?

材料

●縁台(防腐剤が塗装済み)

簡単に組み立てられるものでサイズは、1800×900×400mmです。

●レンガ(縁台の足の下敷き用)

一般的なサイズ18個(縁台一組当たり6個)で無いときは、コンクリートブロックでも大丈夫です。

●固定金具やビス

道具

●電動ドライバー
●長い木材
●ビニールテープ
●水平器
●ノコギリ、プラスドライバー(手回し)。

 

どれもホームセンターで買えます。

電動ドライバーを持っていなければ、ホームセンターでレンタルできます。(2泊で200円程度)

DIYウッドデッキの組み立て方は?

作業時間は一台あたり40分程度です。

①縁台を組み立て

2016y11m10d_182001715
(画像引用元:https://shop.genesis-ec.com/17103/pic/WDDK-016_2.jpg)

縁台は、説明書通りにすれば簡単に組み立てられます。

縁台の足の台座となるレンガを置きます。

②レンガ同士の水平を取る

2016y11m10d_182135679
(画像引用元:http://kaita-misa-house.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300569858-1)

水平器を取り付けた長い棒を使って、レンガ同士の水平をとります。

 

高さが足りない時は、レンガの下に細かい砂利を下に置いて高さを合わせます。

※DIYウッドデッキの出来を左右する重要な作業なので、気を抜かないでしっかり行います。

③縁台をレンガの上に置いていく

2016y11m10d_182042654
(画像引用元:http://omoyde.jugem.jp/?eid=758)

一番奥の縁台は水場として使うので、足を半分にカットして高さを低くします。

※まだ縁台がぐらぐらしているので、子供がその上にのって騒がないように気をつけましょう。

④金具を使って縁台同士を固定します。

2016y11m10d_182307356
(画像引用元:http://g-factory.jp/快適「お庭」lifeへの道・episode-1/)

安い縁台の場合は、そのままビスを打ちつけると縁台の木材が割れてしまうので、ビスを打ちつける前に、ドリルで穴を
空けましょう。

※L字型の金具などを使って、ラティスを縁台や外壁に固定します。

DIYでウッドデッキの費用・予算は?

システムデッキ

2016y11m10d_183933621
(画像引用元:https://iemo.jp/photos/724992)

同じ坪数でも、デザインや色合いによってお値段が変動してくるのがシステムデッキです。

 

1.0坪で、だいたい5万円前後で手に入るのでコストは低めです。

 

パーツを組み立てて設置するだけなので、とても簡単でお手軽に作ることができますよ。

女性1人でも作れますね。

DIY ウッドデッキ

2016y11m10d_181729602
(画像引用元:https://iemo.jp/31814)

1.0坪で、だいたい10万円と、システムデッキより約5万前後アップしてしまいます。

 

その代わり、自分だけのウッドデッキと自由度が高く。

材料もホームセンターなどで簡単に手に入れて作ることができます。

初心者でもDIYでウッドデッキを作る!費用・予算を考えて!

DIY といえば、昔は男の人がするイメージが強いでしたが、最近は、男女問わずDIY をされている方が増えてきています。

 

テレビでも取り上げられているのですごいなぁと思います。

DIY の作業に慣れれば、自分だけのオリジナルが作れるのはいいなぁと思いました。