窓辺の装飾品のカーテンやブラインド等をウインドートリートメントと言います。

 

その窓辺には、それぞれの部屋の目的に応じた室内環境作りと外部との関係の違いがあります。

 

そして、それぞれの部屋のインテリアの雰囲気作りに、ウインドートリートメントのデザインや素材は大きな役割をしています。

 

ただしデザインだけの選び方では使いづらい場合があります。

 

そこで窓の環境に合わせて、ウインドートリートメントを選ぶポイントをご説明します

種類豊富で環境に合わせてウインドートリートメントを選ぶポイントまとめ!

掃き出し窓

掃き出し窓はベランダへの出入りや戸外への出入りが出来る窓です。

窓が横に開くのでウインドートリートメントも横に開く方が使い勝手がよいでしょう。

カーテン

掃き出し窓だけでなく多く使われているタイプで防音や遮光・保温の役割もあるので、お部屋の環境に合わせて素材を選ぶと良いでしょう。

ウインドートリートメント
(画像引用元:http://www.interior-terra.jp

またこちらのタイプは天井と壁の間をカーテンBOXにしているので保温性が良いのとカーテンの柄が壁一面に広がる高さを感じられる取付け方です。

 

装飾性のあるデザインのカーテンも素敵です。

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

カーテンレールもお部屋の雰囲気に合わせてコーディネートをしたり光を取り入れたい窓には、このような透ける素材のカーテンが良いでしょう。

 

カーテンの素材は寝室の東側の窓には遮光性のある物や、ベッドのすぐ脇の窓等には保温性のあるタイプを選ぶと機能面で役にたちます。

バーチカルブラインド

ウインドートリートメント
(画像引用元:http://www.toso.co.jp

縦型のルーバーで横にスライドして開けます。

ルーバーの角度の調整で光や風の調節ができます。

腰高窓

カーテンでもよいですが、腰高窓は人の出入りがないのでローマンシェードやスクリーンタイプ等の上げ下げ式のウインドートリートメントでも使い勝手には問題ないでしょう。

ローマンシェード

ウインドートリートメント
(画像引用元:http://www.curtainland.jp

チェーンで布を上げ下げします。

上げるときは生地が折りたたまれて行き、下げると生地がスクリーン状になります。

 

二重式にする場合どちらもローマンシェードにする方法もありますが、レース素材はカーテンで室内側をローマンシェードにする方法もあります。

ロールスクリーン

ポールに巻き付けてスクリーンを上げるタイプでシンプルに仕上がります。

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://yuui.co.jp

ロールカーテンの窓側にポール突っ張り式のレースのカーテンを取付ける方法もあります。

 

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp

スクリーンを降ろしていても光を取り入れられるタイプもあります

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンはプリーツ状のスクリーンを上げ下げするスタイルです。

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://www.news.blind.co.jp

中でも薄地と厚地の組み合わせタイプは彩光のコントロールも出来ます。

 

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://blog.matusou.com

またハニカム構造タイプは空気層があるので保温・遮熱効果があるので西日のあたる窓には最適です。

ブラインド

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://mitsuwa-i.com

横型のスラットの角度で光と風のコントロールができます。

素材も木製とスチール製では雰囲気が違います。

木製ブラインドはお部屋の雰囲気に合っていると素敵です。

小窓

小窓にはスッキリとしたスクリーンやローマンシェードやブラインドがおすすめです。

ロールスクリーン

ウインドートリートメント 種類
(画像引用元:http://www.yuui.net

連続した小窓も窓枠内に取り付けるとスッキリとした印象に仕上がります。

種類が多いウインドートリートメントにこだわるって快適な暮らしに

ここでは柄や素材の種類が多く販売されている代表的なウインドートリートメントをご紹介しました。

 

ウインドートリートメントは、デザインや柄を楽しみながらも保温・遮熱等の機能面や使いやすさにもこだわって選ぶと暮らしの楽しみと快適さが充実すると思います。

 

みなさんもウインドートリートメントでいつもの日常に楽しみ・快適さを演出しましょう。