お住まいの希望エリアでの、賃貸や新築の価格が高値でお困りの方は、中古マンションの購入を考えてみましょう。

 

そんな中古マンションの購入にはメリットが沢山あります。

 

ただしリフォームが必要になる場合は、その費用が気になりますね。

 

そこで中古マンションの購入のメリットと内装材リフォーム費用をご紹介します。

中古マンションの購入メリットと内装材リフォーム費用は?

中古マンション購入のメリット

中古マンション購入のメリット以下の項目となっています。

〇新築よりも価格が安い
〇中古の一戸建てと比較すると同じ築年数、同じ面積では中古マンションの方が安価
〇一戸建てより中古マンションの方が固定資産税が安い
〇修繕積立があるので突然のメンテナンス費用が無い
〇上階は眺望が良い
〇近年の建築物件であればセキュリティーが優れている
〇バリアフリーのフロアーが多い

リフォームできる箇所

中古マンションは増築や窓の移動は出来ません。

また共有部分の玄関の扉の外側などは変更できない場合もあります。

 

マンション管理組合の規約をしらべてみましょう。

専用部分の室内は壁の撤去や移動ができる事が多いので間取りの変更が可能です。

リフォームする内容と費用

中古マンションのリフォームは、どこまでリフォームするかにより費用は違います。

 

高級なシステムキッチンで、痛みがなくデザインが気に入っているのであれば、汚れやすいビルトインコンロだけ、の交換をする方法もあります。

 

壁紙や床材は家具の設置してあった場所の色ムラや、出隅の壁紙の痛みが気になる方も覆いとおもいます。

 

そこで内装材リフォームの目安の費用をご紹介します。

壁紙のリフォーム

量産品クロス・900円~1000円/㎡
総合品クロス・1200円~1500円/㎡
※下地状態により下地調整費とクロス処分費が発生する場合もあります

2016y12m18d_170610847
(画像引用元:https://jappaper.blogspot.in/2016/04/blog-post_10.html)

この様に柄物をアクセントに貼分けるとおしゃれな感じになります。

フローリングの貼替

9000円~12000円/㎡
※マンション管理組合で下階への配慮として遮音等級の制限がある場合が多いので確認しましょう。遮音等級LL-45以上が推奨されている場合は多いです

内装材のリフォームのクロス貼以外の壁

クロス貼以外の壁として、キッチン廻りのキッチンパネルやタイルも見てみましょう。

 

汚れやすい場所ですが掃除のしやすい素材を使っているのでお掃除具合でリフォームするかを検討してもよいですね。

中古マンションの購入のメリットとリフォームの費用は内装は安価

この様に内装材だけのリフォームでしたら費用的には安価で行うことが出来ます。

 

そして壁・床のリフォームの際には設備機器の脱着をします。

 

設備機器の状態により交換するのであれば一緒に計画を立てましょう。

 

また間取りの変更も可能なので、現在の間取りから希望通りの間取りに変更できるかを検討してから購入を決めましょう。