中古物件のリフォームはここ最近非常に多くなってきております。

 

国の政策が長期優良住宅として住まいを長く住むことを推進するようになり、中古住宅の流通が頻繁に行われるようになりました。

 

その際、ほとんどの方は中古物件をリフォームして住むようにしています。

 

リフォームローンが以前よりも充実したことやテレビ番組のビフォー&アフターなどの番組によって、リフォームがより身近なものになった事が上げられます。

 

そこで、今注目の中古物件リフォームについて

中古物件リフォームをする理由やメリット

中古物件リフォームをするにあたっって注意点

中古物件リフォームの費用や見積もりは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

失敗したくない!中古物件リフォームの駐倚天は?メリットや費用等の見積もりは?

中古物件をリフォームする理由

中古物件 リフォーム
(画像引用元:http://www.matsui-sangyou.co.jp/matsui/img/fc449c291a0bfed640b249f31445fcbd1.jpg)

中古住宅は、新築物件と比べて安く手頃に購入する事ができます。

 

建物の価格は、築年数によってその価値がだんだんと安くなっていきます。

 

そして、築25年位経ちますと建物の価格は新築時の一割位までになる事もあります。

 

その為、ある意味更地に中古の建物が付いてくる感覚で購入する事ができます。

 

その時、外壁部材や内装部材を新しくして、更に住宅設備機器を新しい物へと変えても新築物件よりは安く工事ができます。

 

マンションに住むよりは、庭付きの一戸建ての方を選ぶ方にとっては、その建物のロケーションと部屋数が満足いけば、中古物件のリフォームで十分に満足できるのです。

 

ましてや、新築物件よりも中古物件の方が物件数も多い事から、多くの物件の中から気に入った物件を選ぶ事ができます。

 

そして、リフォームローンが充実してきた事によって、中古物件を購入してリフォームする事の資金計画がしやすくなった事も後押ししています。

中古物件をリフォームするメリット

中古物件リフォームのメリットは、次のような点が上げられます。

お手頃価格で購入できます。

中古物件は、新築物件と比べて安く購入する事ができます。

 

既存建物の築年数によって、建物の価値が減少する事によって、土地に建物が付いてくる感覚で購入する事ができます。

豊富な物件の中より選ぶ事ができます。

中古物件は、新築物件よりも物件数は多いのが現状です。

 

ライフスタイルの変化に伴い、子育て期が終わった世代が階段の無いマンションや郊外に住まいを変える傾向にある中、そうして空き家になる中古物件が多くなってきています。

 

そんな豊富な物件の中より自分たち家族に適した物件を選ぶ事ができます。

自分好みにアレンジができます。

新築建売住宅と違い、内装や住宅設備機器などを新しくするのが前提なのが、中古物件リフォームです。

 

その為、自分好みに仕様や設備を決める事ができます。

 

そして、構造に影響がない範囲で間取りの変更も可能になりますので、色々とアレンジが可能になります。

実物を見て、安心して計画を進められます。

新築物件と違い、図面で想像しながら打合せをするのではなく、既に出来上がっている建物をどの様に変えていくかと言うのが、中古物件リフォームです。

 

その為、空間のスケール感など、実際に見る事ができますから、そのままのイメージで計画できますし、計画そのものに安心感があります。

補助金や助成金が利用できます。

中古物件リフォームでは、様々な補助金や助成金を利用する事ができます。

 

例えば、太陽光パネルや給湯システム導入による補助金や中古物件を耐震補強した場合に市や県より補助金の対象になります。

 

詳しくは、担当する工務店などに聞いて有効に利用して工事を進める事ができます。

中古物件リフォームの注意点

中古物件購入の際は、必ず既存の建物の状態を自分の目で確認してください。

 

一番いけないのは、中古住宅のリフォーム済み物件を鵜呑みにして購入してしまう事です。

 

多いの場合、不動産業者が販売目的で行う中古物件リフォームは、表面的なきれいに見えるようにするリフォームであり、建物の修理・修繕まで必ずしも行き届いているとは限りません。

 

その為、大切なのは既存の状態を確認する事です。

 

そして可能であるならば、購入する前に工務店の担当者に一緒にその建物の内容を見て判断してもらい、事前にかかる費用の見積もりも出してもらってから購入するようにしましょう。

中古物件リフォームの予算計画

中古物件を購入する際は、事前に銀行などよりリフォームローンの内容を確認して予算を組み立ててからスタートしましょう。

 

そして、その範囲でできる事のプレゼンを工務店から求めるようにしましょう。新しくする設備機器の金額は自分でも調べれば大体の金額は把握する事が可能ですが、職人さんの施工手間と、工務店の現場管理費は見積もりをもらう必要があります。

 

その為、可能であるならば数社の話を聞く事でその整合性を確認する事ができ、一番納得がいく工務店とパートナーを組むようにしましょう。

中古物件リフォームでマイホーム入手!失敗しないように費用や注意点をしっかり!

今や中古住宅リフォームは、新築建売住宅や注文住宅やマンション購入などのマイホーム入手のジャンルの一つになっていると思います。

 

そして、車の中古市場が浸透しているのと同時に中古物件リフォームもこれから益々浸透していくものと、考えています。