インテリアに手を加えて室内の雰囲気を変えたいという場合、床の敷物を替えてみたり、タペストリーを配置してみるというところから試されることが多いかと思います。

 

今回は別の視点から空間にアプローチする吊り下げインテリアについて、どうやって取り組めば良いのかという観点からご紹介します。

 

吊るすという方法で彩りを加える吊り下げインテリアの手法で配置したディスプレイは、立体的にになりますので一味違ったインテリアをとお考えの方におすすめです。

吊り下げインテリアでDIYするには?おすすめアイテム?配置はどうする?

吊り下げるにはベースが必要

吊り下げインテリアを実践するために、まず必要になるのは吊り下げるベース部分です。

もし、天井にフックを取り付けられるのであれば、自由にレイアウトを決めることができます。

 

天井の下地材を探って、その部分にフックを設置すればしっかりとした強度を得られるでしょう。

エアコン取り付け用のボルトが未使用であればそこから吊るすことが可能です。

 

出窓があるのであれば、カーテンレールを活用したり突っ張り棒を渡したりといった工夫によって、開けたスペースとして活用できます。
また、キッチン等にある網棚も小さなディスプレイをするだけなら手軽に扱えるスポットでしょう。

まずはこれらの場所をチェックして、吊り下げインテリアを導入できるかどうか検討してみましょう。

吊り下げインテリアで是非試したいディスプレイ

吊り下げ インテリア

吊り下げる場所を用意したらいよいよディスプレイをしてみましょう。

吊り下げインテリアを用いてお部屋に配置する要素としては、全方位から楽しめるものが適しています。

 

おすすめなのはやはり植物です。

鉢に入れた植物を吊るしてディスプレイするだけで室内にリラックス感を演出できます。

 

背の高い観葉植物を用意しなくても、視線の高さに手軽に緑を配置できるというのが吊り下げによる大きなメリットと言えるでしょう。

 

床置に比べると水やりが少し負担になりますので、多肉植物やエアプランツといった手入れを少なく出来る品種、生命力の強い蔦系の品種などを選択するのがおすすめです。

日が当たらない場所に定常的に設置したい、という場合は造花の活用も良いでしょう。

 

そして、植物を植えるポットや吊るす紐の素材もこだわりが活きるポイントです。

ガラス、メタル、ガラスと言ったポット類は植物の印象にも影響します。

 

紐に関しても麻や革であればナチュラルな雰囲気に、ワイヤーを選択すればシャープな印象になるでしょう。

お気に入りの組合せで、空間を彩ってみてください。

吊り下げインテリアでDIY!配置・アイデア次第で千変万化!おすすめアイテムでおしゃれに!

吊り下げインテリアの根幹である「吊り下げる」という観点は、モービルや風鈴といった馴染みのあるアイテムとも共通する部分があります。

 

他にも色々なものを吊るしてみようという発想がはじまりですので、今回ご紹介した植物以外にも、皆さんのアイデアで空間を軽やかに彩ってみてください。