以前、アニメで見たツリーハウスが、今現実のものとなってきています。

 

そこで、

ツリーハウスとはどんなものなのか?

どんな経緯で作れるようになったのか?

どんな特徴があるのか?

を調べたいと思います。

ツリーハウスとはどんな家?特徴は?作るのに向いている木?

木 家

ツリーハウスとは、文字通り生きた巨木の上に家を建築した建物のことです。

ツリーハウスはどのように生まれたのか?

ツリーハウスは、元々、密林地区などで倉庫や住居、外敵(敵部族や猛獣、危険な昆虫)から身を守る寝床、見張り台として建てられる事が多く、あまり長期利用を目的としない仮説的建築でした。

 

しかし、近年の建築技術の向上により頑丈で安定したツリーハウスはもはや夢物語でなく、普通の家と同じように安全に住める住居として注目されています。

ツリーハウスは日本では可能?

ツリーハウスは、木の上に建築した建物なので、実は、日本の建築基準法の定義では「建物物」にも、「住居」としても認められていません。

そのため、住民票を取得することができません。

 

ただし、建築自体が法に触れているわけではありません。

別荘なら大丈夫ということでしょうか?

 

ちなみに欧米では、ツリーハウスは、盛んで、その波が日本にも着実にきています。

日本では千葉県や北海道などツリーハウスの有名なところが増えてきています。

ツリーハウスの特徴は?

ツリーハウス以外の建築物との大きな違いは、生きているものが土台ということです。

そのため、自然を体中で感じることができます。

 

又、空をずっと近くで感じ、木のざわめきや香りに包まれて、日常の煩わしさや、過剰な便利さから隔絶された非日常感を味わうことができます。

ツリーハウスに向いている木は?

向いていない木というものはなく、どんな木でも制作は可能です。

だからこそ、様々の国で木の上に家が立つ文化があるのでしょう。

 

ただし、バラ科の桜や梅のように、もともと脆い木は、あまりツリーハウスには向いていません。

ツリーハウスの作り方・形は?

ツリーハウスは、木の特徴に合わせて作ります。

だからこそ、自由な発想で作ることができます。

 

木の種類、気候だけでなく、堅さ、高さ、太さ、枝ぶり、生えている場所、成長頻度など、木にはそれぞれ特徴がありますから、形も変わります。

 

そのため自由な発送ができる分、木の形に合わせて作る必要もあります。

夢のあるツリーハウス?子供心や冒険心をくすぐる木の家!

子供のころからの夢や都会の謙遜を忘れ自然を感じることなど子供心や冒険心を掻き立ててくれるものです。

 

自分もいつかツリーハウスに住んで夢の様な生活をしてみたいものです。