浴室の乾燥機の衣類の乾燥・浴室の暖房・涼風機能が付いている機種は、本当に便利な設備だと思います。

しかし電気代がどれぐらいかかるのかが気になります。

 

特に衣類の乾燥は時間も長いので、便利とはいえ少しでも電気代を節約したいですね。

 

そこで今回は、乾燥時の電気代と節約方法を調べてみました。

TOTO浴室乾燥機の電気代はどれくらいの相場?節約方法はポイント・コツは?

浴室乾燥機の電気代は?

今回はTOTO製 浴室換気暖房換気扇「三乾王」を例に電気代を調べてみました。


(画像引用元:http://www.toto.co.jp

この商品の衣類乾燥時の電気代の目安がこちらの表にまとめてあります。

※1戸建て1坪までのユニットバス用の一般商品TYB3011GA(100V)の場合を見てみましょう

 

標準モード

toto浴室乾燥機電気代
(画像引用元:http://www.toto.co.jp

 

エコモード
toto浴室乾燥機電気代
(画像引用元:http://www.toto.co.jp

この表からわかる事は、外気温が低いと電気代が高くなり、パワーの高い機種の方が短い時間で乾きますが電気代が高くなる事がわかります。

 

そして、標準乾燥モードを毎日一回の使用で月約4,590円・年間約55,080円、エコ乾燥モードで月約3,240円・年間約38,880円です。

 

標準モードとエコモードの電気代の差は工程を変え、電気代を抑えるようになっています。

toto浴室乾燥機電気代
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

電気代の節約方法

以下のようにポイントを押さえることで、節約できます。

〇エコモードで使用すると年間約16,200円の節約になります
〇深夜電力契約をしている場合は電気代の安い深夜に使用する
〇窓を開けて扇風機である程度まで乾かしてから乾燥機を使用する
〇フィルターの清掃をまめにする
〇浴室内の水分を取り浴槽に湯がある場合はフタをする
〇外気の高い時間に使用する

このように、モードの選択や浴室環境・スイッチONの前の処理で電気代を節約する事ができます。

TOTO浴室乾燥機の電気代を節約して便利に利用しよう

電気の使用量が多い家庭では契約プランや電力会社の変更を考える方法もあり、プラン診断をしてくれるサイトで確認する事もできます。

 

洗濯物を浴室に干すのは洗濯機からも近く、夜しか洗濯のできないお宅には欠かせない物かもしれません。

 

また浴室換気暖房換気扇の暖房も特に赤ちゃんや高齢者には嬉しい機能なので是非使いたいですね。

 

そんなお宅では、ご紹介した節約方法を試して浴室換気暖房換気扇を便利に使って下さい。