昨今の大地震発生での被害状況を見てしまうと、倒壊してしまう家屋や損害を受けた建物の数は多いです。

 

大地震での被害は大きく生命に危険を及ぼしますので、安心に暮らすには耐震対策が必要な事がわかります。

 

特に木造建築は耐震補強工事で耐震性が上がり家の寿命も長くなります。

 

その為、耐震工事の為に、リフォームをお考えになるのも悪くないと思います。

しかしリフォームをすると言っても、実際に耐震工事が必要なのか、耐震性能を上げるのには具体的な方法や、費用や価格はどれ位と、わからないことだらけです。

 

ということで今回は耐震リフォームについて

工事が必要な建物とは?

耐震性を上げるポイントや工事事例は?

耐震工事の費用は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

耐震工事やリフォームが必要な家は?工事事例や費用、耐震性を上げるポイントは?

どのような建物に耐震工事は必要なのか

耐震工事を行う事を推奨している建物とは以下の項目に該当するものです。

〇1981年6月に建築基準方が改正されて耐震基準が強化されました、耐震基準の低い1981年6月以前に建築された建物

〇軟弱な地盤に建っている建物(特に都心部に多く見られます)

〇1階に壁の量が少ない建物

〇1階より2階部分が飛び出している建物

〇下屋の大きい建物(2階が小さく1階が大きい、2階の外壁が下までつながらず大きな下屋となっている)

〇構造材の柱や土台が腐りや白蟻被害にあって強度が不足している建物

耐震性を上げるポイントと箇所

耐震性を上げるポイントを学び可能な箇所の工事を検討してみましょう

以下がそのポイントとなっています。

〇地盤(軟弱地盤は大きく左右に揺れが来ます。軟弱地盤は壁量も1.5倍必要です)
〇重量(地震力は建物の重力に比重します。軽量にすることがよい)
〇壁(木造建築は地震力を壁が負担しているので必要な壁量か定められています)
〇床(床の剛性が十分でないと壁の耐力にも影響を及ぼします)
〇接合部分(軸組工法の建物は土台・柱・梁などの接合部分の一定の強度を確保することが定められています)

耐震工事例

耐震工事内容は住みながらに工事をするなどの制約により工法や費用を考えます。

 

壁内の工事ですと付帯工事として解体工事・壁塞ぎ・内装工事などの補強材の取付工事以外の工事費用も見ておかなくてはなりません。

 

これは耐震工事の一例です

〇屋根の軽量化(瓦~金属屋根・コロニアル・軽量瓦など)
〇強い壁をバランスよくふやす(筋交い・合板設置)
〇構造木材の接合部に金物を取り付ける
〇腐りや白蟻被害を受け弱くなっている部分を取り替える
〇基礎を強化する

耐震リフォーム 費用
(画像引用元:http://hlj-shop.com/taishin_backup/img/img_07.jpg)

 

この様に弱った部分を取り替え、筋交いを入れ、金物で接合して、壁の強度を高めます。

2016y12m18d_163811475
(画像引用元:http://myc-home.com/works/img_upload/DSCN4632.jpg)

耐震工事の内容は現在の建物の調査から

耐震工事は現在の建物の調査をしてから補強部分を決めます。

 

工事の規模により費用は50万円~200万円までは必要となります。

 

築年数の経過している建物でも補強工事をすれば、

耐震リフォーム 費用
(画像引用元:http://www.city.toyooka.lg.jp/www/contents/1299221202712/simple/151001173238_1.jpg)

この様に倒壊する事を防ぐことができます。

家の耐震工事とリフォームをして暮らしの安心を

現在「住宅ストック循環支援事業」という国土交通省が行っている補助金制度や各地域で行っている「耐震工事補助金」などに該当する場合は利用しましょう。

 

更に補助金の利用ができれば負担も軽減できます。

暮らしの安心感は、とても大事なことです。

 

耐震工事の相談は各市町村で相談窓口を設けている場合もあります。

 

私も、知り合いの方が心配されていたので、相談に行き手順や工事内容を聞きに行ったことがあります。

資料やパンフレットで説明して頂き、よくわかりました。、

 

是非ご心配な方は、まずその様な窓口で相談されてはいかがでしょうか。