家の中ではいろいろな所で電気を使いますね。

キッチン、洗濯機、テレビやパソコン、油断すると、ついつい使い過ぎてしまいます。

 

電気をどのくらい使っているかが分かって、電気代が抑えられたらいいなと思うことはありませんか?

 

その願いを叶えてくれるのが「スマートハウス」です。

 

スマートハウスでは家の中で使用する電気の自給自足が可能になり、電気の使用量をコントロールすることができます。

何だか夢のような家ですね!

 

今回はそんな「スマートハウス」について、その特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

エコで電気代の悩み解消が特徴?スマートハウスとは?メリット・デメリットは?

スマートハウスの特徴

スマートハウス とは

 

最近は限りある資源を有効に使うという観点から、自然エネルギーを有効活用した省エネ住宅が注目されていますが、スマートハウスは省エネ住宅よりもっと進化しています。

 

スマートハウスでは太陽光発電によって電気が作られて、電気を貯めておく蓄電池を利用することによって家の中に電気を供給しますが、この一連の流れを管理しているのは非常に高度なシステムなのです。

 

その名は「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム」、略してHEMSと言います。

 

HEMSを導入すると使用している電気量が分かり、またこれから使用する電気量の予測もしてくれます。

太陽光を利用して電気を作り、それを貯めて家の中の電気をまかない、さらにどのくらい使用しているか、これから使用するかが分かる、とても便利なシステムですね。

 

スマートホームでは地球にエコな生活を送れて、電気代の悩みも解消されることでしょう。

スマートハウスのメリットやデメリット

スマートハウスのメリットは電気の自給自足が可能になることですが、蓄電池があるので停電が起こった場合にも安心です。

また、普及が進められている電気自動車の充電にも役立ちます。

 

デメリットは、高価な機器やシステムを取り入れることになるため、コストが高いということです。

スマートハウスを建てる時に補助金を支給してくれる自治体もありますので、検討の際は問い合わせてみて下さいね。

スマートハウスで暮らしたらメリット・デメリットを考えて…

頻繁に起こる地震や台風で、もし停電したらどうしようと不安に思うことも多いです。

 

スマートハウスでは、太陽光で発電した電気を蓄電池で貯めておけるので、生活の心配が一つ減りますね。

また、日ごろ使用している電気の量を教えてくれるので、自然と無駄なく、効率よく電気を使うという意識を持てるようになると思います。

 

最新のIT技術を取り入れた未来型の住宅。

 

これからの住まいに、スマートハウスをぜひ検討してみて下さいね。