広い空間が欲しい、一味違った住まいにしたいという望みに応えるスキップフロアという手法をご存知でしょうか。

 

スキップフロアを取り入れた設計では、建物の床の高さを変えて空間全体をコントロールします。

 

そんなスキップフロアについて今回はその特徴や、どんなシーンで取り入れると効果的かをご紹介します。

スキップフロアとは?取り入れた家・住宅の効果は?メリット・デメリットは?

スキップフロアの家のメリットとデメリット

スキップフロア 家

スキップフロアとは、1階・2階・・・と階層をかっちり区切ってしまわずに、中2階や半地下という曖昧な高さの床を設けながら設計する手法です。

 

これらの階の間は天井で区切られずに緩やかに空間をつなげることが最大の特徴です。

 

細かく空間を仕切っても全体の圧迫感が少なく広く見せることができるので、壁や天井によって作られてしまう細切れな空間を減らし全体の面積を有効活用できたり、隣室の気配を感じやすい空間づくりをすることが出来ます。

 

一方で当然デメリットもあります。

 

全体が大きな空間としてつながってしまうため空調への負荷が大きいこと。

同様に遮音性を求める場合にも向いていないつくりです。

 

そして、階と階の間の高さの差は少ないですが階段を設置する場所が増えてしまいます。

 

スキップフロアを検討する場合はこれらのメリット・デメリットは抑えておいて、通常通り壁のある部屋との使い分けに気をつけたいです。

スキップフロアを上手に取り入れるために

スキップフロアを住宅に取り入れる場合はそれ自体を目的にするのではなく、課題を解決するための手段にスキップフロアが用いられるようにするとより良い家造りが出来るでしょう。

 

例えば傾斜地に計画をする場合。

傾いている地盤を大掛かりに整地せず、スキップフロアの導入で半地下と1階が繋がった層をつくり、そこをリビングスペースにしてしまうのはいかがでしょう。

 

2階に個室を計画するプランであれば、一般の住宅のような感覚で利用することが出来ます。

 

半地下部分をガレージにしてしまうのも良いでしょう。

 

狭小地に住宅を計画している方にもおすすめできるアイデアです。

スキップフロアのプランは壁を減らすことが出来るため、一つ一つの空間は小さくても開放感のある居住スペースを得られます。

 

階の高さのギャップは収納スペースや設備配管のスペースとして計画できますので全体的な空間利用の密度もあげることが出来るでしょう。

アイデア次第で千変万化のスキップフロアの家?メリット・デメリットを考えて住宅に取り入れる?

床の位置をコントロールすることで壁を取っ払うことが出来るというのが、スキップフロア導入で起こる考え方の変化です。

 

ある意味ではロフトも広義のスキップフロアと考えていいでしょう。

 

どういう空間をイメージするのか、どんな機能と組み合わせるのかはケースバイケースです。

 

シンプルな手法で大きな効果をもたらすスキップフロア、皆さんの住まいづくりのヒントになれば良いなと思います。