熱中症は家にいるだけなのに、かかるのは恐いですね?(*_*)

最近、暑い日が続いていますが、家の中で一日を過ごしている方も多いと思います!

そこで、今回は

室内で引き起こす熱中症は?

熱中症の原因と理由?

室内熱中症の対策と対処法は?

を紹介したいと思います!

寝ている間に!室内で引き起こす熱中症とは?予防策は?対策・対処法を紹介!

室内熱中症とは?

室内熱中症

室内で特に多い熱中症は、【夜間熱中症】です。

寝ている間に、寝汗をかいてたくさん汗をかくことで、脱水状態になります。

 

特に最近の住宅は、昔の家と違って隙間風がありません。

そのため、室内に入った温度がなかなか下がりにくく、室内の熱中症が増えているようです。

室内で引き起こす熱中症の原因・理由は?

室内熱中症の原因

人間の体には、体温をコントロールする機能があり、暑くなると汗を出して体を冷やす働きがあります。

 

その体温の調節ができなくなると自律神経が崩れてしまい、血の流れが悪くなって、めまいや頭痛、吐き気などの熱中症の症状が起こりやすくなります。

体温の調節ができない原因は、脱水状態や睡眠不足、腸内環境の悪化だそうです。

室内熱中症を起こす理由

体の免疫力が少ない高齢者、乳幼児は、体温の調節が上手く働かないので、汗を出しにくく、水分を摂らない事で熱中症になりやすいです。

 

また、年齢に関係なく、夏風邪などをひいて体調が悪い時や、汗が出ているのに水分を飲まなければ、誰でも熱中症になる可能性はあります。

室内熱中症の対策・対処法は?予防法は?

室内熱中症の対策・対処法

直接、日差しがこないように、窓に遮光カーテン、すだれをかける。

部屋に熱い空気、湿気がこもらないように風通しをする。

 

あまりにも暑い日は、我慢せず扇風機やエアコンを利用することで、熱中症予防につながります。

つけっぱなしも体にあまり良くないので、エアコンの当たりすぎには気をつけて下さいね。

 

特に高齢者の方は、暑いと感じない時があり、その時は室内の温度が高くなっている時があるので、部屋に温度計や湿度計を置いておくことが大切です。

 

口が渇いていなくても、水分をこまめにとる事が大切です。

特に免疫力が減っている時は、脱水になりやすく、熱中症を引き起こす原因になります。

日頃から水分を摂る習慣をつけると、楽ですね!ヽ(*´▽)ノ♪

 

アルコールには利尿作用があります。

アルコールを飲んだ後、水分を飲まなかったら夜でも、熱中症になる時があります。

寝る前にアルコールを飲むのはできるだけ控えましょう?

室内熱中症の予防法

●日頃からこまめに水分をとる。

●外出後は、シャワー、濡れタオルで身体を冷やす。

●部屋に温度計を置き、温度、湿度を計る。

●暑いときは無理をしないで、エアコンをつける。

●通気性のいい涼しい服を着る。

●外出時には日傘、帽子を着ける。

●困った時の連絡先を確認し、携帯に登録をする。

室内熱中症で倒れないために予防し、対処・対策を…

室内熱中症は昼夜問わず、誰でもかかるので、日頃から水分をこまめに取っていきたいと思いました。

まだまだ暑いので、体調を崩さないように夏を乗り切りたいですね?(*^―^)ノ♪