星野源さん、坂口健太郎さん、長谷川博己さん、皆さんとても人気のある方ばかりですが、顔から受ける印象に、ある共通点があります。

 

それは、さっぱりしている中に、カッコよさを兼ね備えていること、つまり塩系ですね。

 

このような、塩系男子の雰囲気を感じさせてくれるインテリアは今、「塩系インテリア」と呼ばれてとても人気が出ています。

 

今回は、塩系インテリアの特徴やおすすめのアイテムについてご紹介します。

かっこよさにさっぱり感がある?塩系インテリアとは?特徴は?おすすめアイテムは?

塩系インテリアとは?特徴は?

塩系インテリア

塩、と聞くと、どんなイメージが思い浮かびますか?

 

色は白か薄い茶色で、見た目はシンプル。

しょっぱいけれど、その中にミネラルの奥深さを感じる。

 

塩系インテリアは、正にこの塩のイメージを再現しています。

 

色のベースは白やベージュ、ナチュラルブラウンなどの落ち着いた色にして、物はあまり置かずに極力シンプルにする。

 

ポイントは、スッキリとした男前の雰囲気をだすために、家具や雑貨などは最小限にしてなるべく生活感を出さないということです。

 

しかし生活していると、どうしても物は増えていき、しまう場所も必要になってきます。

 

その場合は、ベースの色合いと同じような色の家具を置いて統一感をもたせるか、または逆に黒やグレー系の濃い色を選んでモノトーンな雰囲気にすると、とても洗練された印象になります。

 

また、あまりにも色や物が少なくて寂しすぎる時は、観葉植物やクッションなどのファブリック、壁掛けなどでアクセントを付けてもおしゃれですね。

 

以下に塩系インテリア特集の動画を載せておきます。

塩系インテリアのおすすめアイテム

おすすめアイテムとしてぜひご紹介したいのは、リードディフューザーです。

 

リードディフューザーは雑貨コーナーなどでよく販売されているアロマグッズで、液体が入った瓶に串が入っているという特徴的な形をしています。

 

串の先端に花が付いていたり、カラフルな色だったり、いろいろな種類がありますが、塩系インテリアとして飾るにはこんなデザインが合うと思います。

塩系インテリア アイテム

周囲の色合いや雰囲気に溶け込んでいますね。

大人っぽい感じですが、アロマグッズなので香りがよく、そばにいるととても癒されます。

 

見た目は素っ気ないのに、近くにいると魅力的で惹かれる、塩系インテリアにぴったりなアイテムだと思います。

特徴を活かしアイテムを揃える?塩系インテリアのある暮らし

物が少ないシンプルな部屋、殺風景だと言われそうですが、どうして人気なのでしょう?

 

街中で、テレビやネットを通していろいろな物を目にしているので、家の中はシンプルにしてバランスをとっているのかもしれません。

 

塩系インテリアに囲まれていると、落ち着きと共に奥深さを感じて、日々の生活が豊かになる気がします。

 

流行のトレンド、塩系インテリアをお家の中に取り入れてみませんか?