洗面台も10年ぐらい使用していると、扉の劣化、鏡が取り付けてある樹脂の黄ばみや汚れが気になって来ますね。

 

洗面台を交換するには、まだもったいないけど、なんとかしたいと思っている方は、ぜひ洗面台のセルフリフォームをしてみませんか。

 

そこでオリジナルの、おしゃれな洗面台にリフォームする方法として、注意点とあわせてご紹介します。

洗面台DIY!セルフリフォームするときの注意点

洗面台上部を取り外したい場合

洗面台の多くは洗面ボールの台と鏡と照明の付いた樹脂材に分割されています。

 

樹脂材は壁にビス止めなので、簡単に取り外すことができますが照明とコンセントの配線があります、この部分は電気屋さんに依頼して新たな照明器具を付け、コンセントを壁に付けてもらう必要があります。

壁に鏡や棚を付けたい場合

重量のある物を置く棚や鏡を取り付けたい時に、壁の石膏ボードの下に下地材が入っていない場合は、石膏ボード用のアンカーや金物でしっかり固定しましょう。

 

では、どんな方法でセルフリフォームできるか見てみましょう

洗面台DIY!セルフリフォーム方法

扉のリフォーム

洗面台セルフリフォーム
(画像引用元:http://www.self-reform.com/list.php?search=扉をリメイク)

〇シートや壁紙、板材などをカットして貼る

〇既存扉と同じサイズに板材をカットして塗装やシート、柄シールなどで装飾した後、既存の丁番を付け替えて交換する

〇把手は裏からビス止めの場合が多いので取り外して、お好みのものに取替える

〇引き出しと開き戸の組み合わせの場合、開き戸は外してしまいオープンにするかカーテンやスクリーン的なもので目隠しをしてもよい

鏡のリフォーム

洗面台セルフリフォーム
(画像引用元:https://iemo.jp/58778)

〇鏡の付いている樹脂材を外して洗面台上部に棚を付ける

〇鏡を樹脂材から外し鏡に枠を取り付けて壁に固定する

〇鏡を購入して取り付ける(楕円形や丸形にすることもできる)

〇棚やフックなどを取り付ける

〇100均やインテリアショップ又はハンドメイドの棚を壁に取り付ける

〇棚を2枚か箱型の物を取り付け引き出しを置く

センスよくおしゃれな洗面台セルフリフォーム

規制の洗面台とは違う、センスよく、おしゃれな洗面台のリフォームができたら楽しいですね。

 

把手も、つまみ型には種類が、たくさんありデザインも可愛いものやカラフルな物もありますイメージが、だいぶ変わりますよ。

 

洗面台廻りの壁にタイルを張ったり、タオル掛けにも、こだわりを持って選ぶと、より素敵になりますね。