最近は、狭い家に住む人が増えたと思います。

しかし狭い家というとなんだか窮屈で住みにくいと感じますよね?

結局狭い家はどうなんでしょうか?

 

そこで今回は、

狭い家とは?

狭い家の特徴、ポイントは?

狭い家のメリットは?

狭い家の相場について

詳しく知りたいので紹介したいと思います!!

狭い家に住む?おしゃれで欧米で人気の小さな家?メリット・デメリットは?価格・相場は?

狭い家とは?

狭い家とは

狭い家とは文字通り小さな家となり、土地が狭いので地下室や3階建てと高さを利用した家が多いです。

 

なんだか窮屈そうに見える狭い家ですが、最近では狭い家のほうがおしゃれに暮らせるとアメリカ等の欧米で増えて人気です。

 

長く暮らすのに手頃な広さで疲れない狭い家は、メリットも特徴も一杯あります。

狭い家の特徴・ポイント

狭い家でも、天井が高く窓が大きければ、太陽の光が入るので明るい部屋になります。

空が見えて開放的な気持ちになりリラックスでるので、狭い家にとって大きな窓はとても重要です。

 

間取りを作らないで、広い空間ができるので、狭い家にはぴったりだと思います。

ドアが外せるなら、最初からドアなしで部屋を作るのもいいですね。

更に床、壁、家具を同じ色にすると、部屋が広く感じます。

 

そして階段は、螺旋階段にする事で部屋を広くみせられます。

普通の階段と違って、お洒落なインテリアになります。

 

ちなみに階段なら広い場所より小さな空間で、場所をとらない螺旋階段はおすすめです。

狭い家のメリット

狭い家だと、家賃、ローン、光熱費などの出費を減らし、無駄な買い物がなくなり経済的

貯金に回したり欲しい物を買う事ができます。

 

狭い家の場合は、いい場所に家を建てようと考えた時に、狭い土地の方が安い値段で家を購入できます。

 

また部屋が狭いと、掃除する範囲が少ないので時間を有効に使えます。

狭い家の注意点・ポイント

狭い家に住む時は、床に物を置かない方がいいです。

ただし、たくさん家具や物などを置いていると、部屋が狭くなって圧迫間を感じてしまうので、買いすぎには注意しましょう!!

 

逆に、物を少なくするとシンプルな部屋になってしまいます。

家が狭いからといって、必要な物は部屋に置いた方がいいのでバランスが大事です。

狭い家も広く出来る方法?

狭いと感じるときは白、グレー、ベージュなどの色は、目の錯覚ですが部屋を広く見せてくれます。

 

壁紙は、明るく色が濃くない淡い色を選びましょう!!

収納方法も工夫すれば広くなる?

家具は、一つでたくさん収納できるものがいいです。

ひとつの家具で、2、3通りの使い方ができれば、家具をたくさん買わないで済みます。

 

本は、サイズに分けて、色味を揃えて本棚に直すと、後から取り出すのに便利です。

 

ベッドは、他の家具と違って大きく場所をとってしまいがちです。

ベッドの下に隙間があるなら、収納スペースにするのをおすすめします。

騒音トラブルに注意!

狭い家のデメリットは、お隣の家、道路との距離が近くなり騒音に悩む可能性があります。

そのため住む前に騒音がないか身辺の調査や、防音対策をすることが大事です。

狭い家の価格・相場は?

鉄骨住宅の相場は、坪単価45~85万円です。

 

大手メーカーで注文住宅を建てると、坪85万円~100万円かかってしまいます。

坪43.8万円の手頃な価格で、建ててくれる会社もあるようです。

 

狭い家を建てようとする周辺環境が重要になります。

坪の単価によっては、価格が高くなる場合もあります。

狭い家とは開放的でおしゃれな住宅?価格・相場を把握して住む?

最近は家が狭くても、部屋を広く使うために、間取りをなくしてリラックスできる部屋として使用できるのはいいですね。

 

狭い家でも工夫次第では無駄のない疲れない快適な暮らしを実現することができるので、長い目から見て狭い家を選択するのも有りですね。

 

おしゃれという観点でも狭い家は人気ですので、現代のおすすめの家かと思います。