2014年に関東でも大雪が降り屋根の積雪で被害を受けた方が沢山いらっしゃると思います。

 

積雪に耐えられず倒壊してしまった家もあり今後も関東でも以前のような大雪が降る可能性はあるそうです。

 

積雪での被害を防ぐためには対策をする必要があると思います。

 

では豪雪地域以外の屋根を対象に、家の屋根の積雪ではどのような被害があったのか、対策はどのようにすればよいのかを調べてご紹介します。

積雪の屋根対策?豪雪地域以外での被害・危険性や対処法は?

屋根の積雪による被害

関東では15cm以上の積雪が頻繁におこるわけではありませんが、2014年の屋根の積雪では住宅関係の大きな被害では老朽化した木造の建物やカーポートが倒壊しました。

積雪 屋根 対策
(画像引用元:http://www.city.amakusa.kumamoto.jp

雪降ろしも考えられますが、2階の屋根まで上るはしごを雪が降っている中で掛けること自体も危険なので行わないほうがよいでしょう。

 

またこれほどの雪が降る事を想定していない地域では通常、落雪の危険による対策を考える程度です。

落雪の危険性

その落雪は1㎥の新雪で50~150㎏、根雪として固まったものや湿った雪は500㎏以上にもなり、凶器と一緒だと思ってください。

 

2014年の被害でも雪が雨になったり湿った雪が降った事で積雪の重量が重くなったようです。

 

この落雪でケガをしたり、上屋からの落雪で下屋やテラス・カーポートの屋根や車の屋根を破損したり、外構の柵を倒してしまったりもしており、それほど落雪は危険な事です。

落雪対策

豪雪地域以外では落雪対策としては屋根に雪止めを付ける事です。

雪止めは雪が滑り落ちるのを止める役割をしてくれます。

 

ただし雪止めを付けていても落ちる時はありますが大量の落雪は防げます。

 

瓦屋根では雪止め形状の瓦があります。

積雪 屋根 対策
(画像引用元:https://roof-partner.com

積雪 屋根 対策
(画像引用元:http://sakae-home.jp

 

後から付けられるタイプで瓦に引掛けて取り付けます。

積雪 屋根 対策
(画像引用元:http://www.nogaken.co.jp

 

コロニアル屋根には金属の雪止めを付けます。

積雪 屋根 対策
(画像引用元:http://www.nogaken.co.jp

施工時、後付のどちらもできます。

 

金属屋根雪止めというのもあります。

積雪 屋根
(画像引用元:http://www.yaneyasan14.net

積雪 屋根
(画像引用元:http://www.geocities.jp

積雪の屋根対策として雪止め設置をしよう

雪止め設置で屋根材が傷むと思われる方もいますが、隣接しているお宅へ落雪した場合は雪止めを付けていないから、こんな事になるのではと言われかねません。

 

やはり落雪での被害を考えると設置をしたほうが良いと思います。