間取りのプランニングをする時には、人の動きを線にとらえた生活動線をシュミレーションしながら、決めていく事が大切です。

 

快適な暮らしにするには、家族それぞれの過ごし方をシュミレーションして、動線計画を考えた間取りにする事です。

 

そこでシュミレーションしておきたい動線と間取りのプランニングについて、ご紹介します。

間取りのプランニングと洗濯や個室、玄関等の生活動線は?

家族の多い時間帯の生活動線と家事動線

動線計画の中で重要視したいのが家族の多い時間帯に効率よく動ける生活動線と、家の中を動き回る家事動線です。

家事動線は炊事・洗濯・掃除等をいいます。

 

そして家族が多く家にいて、動き回る朝の生活動線をできるだけ短くすることと、この二つの動線が交差しない事がポイントとなります。


(画像引用元:http://www.sumai-fun.com

このように家事動線と生活動線が分離されていると、すれ違う回数が減りスムーズに動けます。

身支度動線と洗濯動線

洗面所と脱衣室、さらに洗濯場を兼ねた洗面脱衣室を浴室の隣に配置する間取りがよくありますが、使い勝手に不満はありませんか?

生活動線 間取り
(画像引用元:https://imgcp.aacdn.jp

子供が小さいうちは問題ないのですが、年頃になると朝にシャワーを浴びると洗面脱衣室に入れなくなったり、入浴中に洗濯や洗面台を使う人が脱衣室いると落ち着かないようです。
そこで、このように洗面室と脱衣室を分けた間取りにすると、入浴中でも気兼ねなく洗面台と洗濯機が使えます。

生活動線 間取り
(画像引用元:http://www.tomoni-nagano.com

この画像に収納はありませんが、バスタオル・下着等、入浴後すぐに必要になる物を収納する棚と脱衣かごを設置すると便利です。

 

また洗面台とトイレは2階にもあると朝の身支度時や2階に寝室がある場合にはとても便利です。

LDKから個室と玄関への生活動線

家族の団欒や食事場所となるLDKを拠点に生活動線を考えてみましょう。

 

玄関ホールや廊下に階段を設置する間取りは、来客が多いお宅には便利ですが、LKDに居る親に合わず、子供が帰宅や外出ができてしまう事が嫌でLDK内に階段を設置する間取りに人気があります。


(画像引用元:https://www.livingservice.net

この例は2階から玄関または玄関から2階に行く生活動線としては合理的ではありませんが、家族の繋がりを優先する間取りのプランニングも必要です。

家庭それぞれの生活動線を考えて間取りのプランニング

生活動線は各家庭の事情によって違いがあります。

また洗面台を2階にも設置できるのなら、脱衣室と洗面所を兼用でも問題がなくなる等の条件の違いも間取りに影響があります。

 

そして短い生活動線を考えるだけでなく家族との暮らし方を優先する部分があっても良いのです。

 

それらは、家族それぞれの動き方をシュミレーションすると分かってくるでしょう。

 

このように、動線計画を考えて間取りのプランニングをして、快適なお家造りをして下さい。