三世帯住宅。

祖父母、親、子どもが一緒に同居すること?

 

違います!それは「三世代同居」です。

 

三世帯住宅では二世帯住宅と同じように、一つの家の中で世帯を分けて暮らしています。

玄関が別だったり、キッチンやお風呂が別だったり、一つの家ですが、それぞれの世帯の生活スタイルやプライバシーに配慮しながら建てられています。

 

三世帯住宅にはどのような特徴があって、どんな所がメリット、デメリットなのか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

完全同居でない自由な家!三世帯住宅とは?メリット・デメリットは?特徴は?

三世帯住宅とは?特徴や三世帯のパターンは?

三世帯住宅とは

考えられる三世帯のパターンとしては、

①祖父母世帯+親世帯+子ども世帯
②親世帯+子ども世帯(姉)+子ども世帯(妹)
③親世帯+親戚世帯+子ども世帯

などがあります。

 

三世帯が暮らす家なので、それなりの広さが必要になりますが、共有できるスペースがあるため別々の家に住むよりは建設費や維持費を抑えることができます。

三世帯住宅のメリット、デメリット

三世帯住宅のメリット

一番のメリットは、完全な同居ではないため世帯ごとに自由に過ごせる空間ができることです。

 

同居だと、常に一緒という安心感があると思いますが、お互いにいつ会うか分からない、という緊張感も伴うことでしょう。

その点、一つの家でもプライベートな空間が確保できていたら、気持ちにゆとりが生まれそうです。

 

その他に、子ども世帯から見ると子育てを手伝ってもらいやすい、親世帯から見ると可愛い子ども、孫とすぐ近くで暮らせる、祖父母世帯から見ると体力が落ちてきた時に家事などを手伝ってもらいやすい、などのメリットが考えられます。

三世帯住宅のデメリット

デメリットとしては、世帯を分けていても同じ家に住むので、生活リズムが違うと物音が気になったり、仲違いをしてしまった場合に近すぎて気まずくなるといったことが考えられます。

 

また、途中で世帯ごとの考え方が変わって、もし別居することになったら、その後はどうするのか、別の世帯に入居してもらうのか。

 

建てた後では、家の面積や大きな構造を変えることはなかなか難しいです。

建てる前にそれぞれの世帯を交えて、充分に話し合うことが大事になります。

今話題!古民家や中古住宅を活用した三世帯住宅

今、「空き家問題」が注目されていますね。

世帯人数が多かった昔の家では広い敷地を有している所もあります。

 

古い家でも構造がしっかりしていれば、リノベーション(大規模な改修工事)によってまだ住むことができます。

そのような家を三世帯住宅として活用したら、建築費を抑えられて、まだ使える物の再利用にも繋がります。

 

つまり、エコですね!

程よい距離感で自由に暮らせる三世帯住宅!メリット・デメリットを把握して検討?

三世帯住宅に暮らしたら、程よい距離で人の気配、ぬくもりを感じて、日々の生活がより豊かになるのではないかと思います。

 

これからの、将来の住まいに、三世帯住宅をぜひ検討してみて下さいね。