リフォームローンという言葉を聞いたことがありますか?

 

家をリフォームする時に、借りるお金になりますが、ローンと言っても沢山の種類があって分かりませんよね。

特に他の比べて金利が安いかなんて超重要ですよね!

 

ということで今回は、

リフォームローンの種類は?

保証会社の保証をつける場合は?

リフォームローン金利の相場は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

リフォームローンで安い金利と保障は?どんな種類があるか比較!

リフォームローンとは?

住宅を改築、改装する際に利用する住宅ローンです。

 

新築で購入した家も、十年・二十年と住んでいるとあちこち傷んでくるため、リフォームが必要になります。

そんな時に使われるのがリフォームローンです。

リフォームローンの種類は?

リフォームローンは、無担保と有担保の2種類があります。

無担保ローン

無担保は、土地、建物を抵当に入れる必要がありません。

借入ができます。

有担保は土地・建物を抵当に入れるローンの事です。

メリット

●手続きが簡単です。

●登記でかかる費用を抑えることができます。

デメリット

●金利が高いです。

●額も少なめです。

●期間も短めです。

有担保ローン

有担保のリフォームローンは、有担保リフォームローンとして取り扱われることもあれば、住宅ローンの延長となることもあります。

メリット

●金利が低いです。

●額も多くできるし、期間も長く設定できます。

デメリット

●登記費用がかかります。

●手続きがやや面倒です。

目的自由なフリーローン

リフォーム資金に使えます。

無担保の金利より多少高いかも…。

 

カーテンを買い替える場合などの短期の少額資金であれば、フリーローンで十分なこともあります。

保証会社の保証をつける場合は?

一定の保証料が必要で、以下の費用がかかります。

●ローンの契約書に貼付する印紙代。

●有担保で借りる時の登記費用印鑑証明書。

●抵当権設定のための印紙代。

※現金で支払う必要があるので、手持ちのお金を用意しましょう!!

リフォームローン金利の相場は?

無担保

みずほ銀行

変動:3.975% 固定:4.5%(10年以下)、5.15%(10年超)

りそな銀行

変動:4.475%(エコプランの場合:3.975%)大体3%から4%くらいですね。

有担保

新生銀行

変動:0.880% 固定(10年)1.35%

説明も分かりやすいので金利も低いです。

リフォームローンの金利は比較して安い方を種類を選ぼう!保障の費用もチェック!

無担保、有担保の2つの種類がありますが…。

 

少量のリフォームだったら、目的が事由なフリーローンを使いたいですが、実際に使っているかたはいるんでしょうか?

 

ローンを組む時はいろんな種類を見て、自分にあったローンをよく考えて借りるようにしましょう!!