いまお住いのご自宅で、「お部屋の壁紙の汚れや傷、日焼けなどが気になってきた」「この部屋のイメージ、ちょっと変えてみたい」といった悩みは無いでしょうか?

 

今回はこれらの悩みを解決できる「リカベ」について調べてみました。

リカベの概要、壁紙を選ぶときのポイント、プラスで考えていきたい機能についてまとめてみたのでご紹介します。

Re壁(リカベ)とは?壁紙を張り替えてアレンジ?選び方・ポイントは?

リカベとは一体?

リカベ

リカベとは単純に言ってしまえば壁紙を張り替えること。

そして「その壁紙の張替えに伴い暮らしを変えていこう」という運動につけられたコンセプトのことです。

 

劣化が目立ってきた壁紙を張り替える他にも、部屋の印象を変えたいという方にも支持されています。

単純な修繕と違い、ポジティブな目的を持って壁紙を選んでいくところが特徴的です。

壁紙あなどるべからず

ビニルクロス一枚というと部屋の建材の値段を考えると割合としては小さいですね。

だからといってないがしろにしてはいけません。

壁紙は室内の印象づくりに大きな影響を与えます。

 

壁はその面積が非常に大きく存在感のある部位です。

面積が広いのは天井や床も同じですが、足元から頭上までというスケールで部屋を彩るのは壁ならではの特徴。

 

視覚的に与える影響は大きいので、好みの他にも部屋の用途や、合わせる家具のテイストと合わせた壁紙のチョイスをしたいところです。

 

寝室や書斎といったリラックス感を重視する空間には、落ち着いた寒色系の色調を。

素材感もまた同様に落ち着いた和紙調のものや、ナチュラルなテイストの透かし柄が入ったものがおすすめです。

 

動的な暮らしを象徴する空間であるリビングや子供部屋、キッチン等は柔らかで活発な色合いが似合うのではないでしょうか。

 

暖色系の色調の他にも、リズム感のある幾何学模様を取り入れてみるのも良いかと思います。

 

部屋全体を統一してしまうのではなく、扉があり出入り口になる面だけをビビッドな色合いにしてみたり、お気に入りの家具が置かれた面には印象をぐっと引き締めるダークな色の壁紙をセレクトしたりと、部屋のアクセントに壁紙を取り入れる手法もおすすめです。

壁紙にも機能を求めてみよう

現在流通している壁紙には、独自の機能をウリにしている商品もあります。

張り替える壁紙を選ぶ際にはこれらの天に注目してみるのもおすすめです。

 

例えば傷に強く汚れがつきにくい壁紙。ペットと過ごす部屋に使用すると効果的でしょう。

 

吸湿・放湿の機能に優れ室内環境を整える効果のある壁紙は、湿気の気になる大きな窓のある部屋や、快適性を重視したい部屋や、壁紙の素材自体が消臭機能を持っているというものもあり、トイレや洗面所への活用が考えられます。

選び方・ポイントをチェック!Re壁(リカベ)は費用対効果に優れた暮らし改善テクニック!

壁紙を張り替える事による暮らしを変えていこうという発想から生まれたリカベ。

大掛かりなリフォームと違い、壁紙だけに焦点を絞ったリフォームと言っても良いでしょう。

 

対象を限定して要るのであらゆるコストを抑えることが出来ながら、大きな印象の変化を得られる手法であるといえます。

 

興味がある方は是非、壁紙のサンプル取り寄せだけでも行ってみてはいかがでしょうか。