理想の住宅を思い浮かべた時、みなさんはどのような住宅を思い浮かべますか?

恐らく多くの方が、四角形の家を想像するはず。

 

そんな中でも、オクタゴン=八角形の家は非常に合理的な設計と言えます。

また、「少し変わった住宅にしたい」という方にも非常に人気の住宅です.

 

今回は非常識なオクタゴン住宅の合理的な設計と題して、オクタゴン住宅を選ぶ3つのポイントを紹介したいと思います。

八角形の家は合理的な設計?オクタゴン住宅を選ぶ3つのポイント!メリットは?

八角形の家は自由設計だから高い

八角形 家

理想の住宅を思い浮かべた場合に、多くの方が囚われてしまうのが、「自由設計=高い」という思い込みです。

 

確かに、好立地で形の良い土地や自由に組み立てた間取りで設計した場合には、土地と建物を合わせて5,000万円や6,000万円の費用を要し、35年ローンを組む方がたくさんいます。

 

しかし、費用をかけずとも理想の住宅を手にすることは可能であり、そこでおススメなのが「オクタゴン住宅」なのです。

 

実はオクタゴン住宅は、自由に設計をすることができる上に、土地の形を選ばないというメリットがあります。

 

例えば、同じ地域で、「形が良く、需要がある3,000万円の土地」と「形が悪いために売り物にならない、1500万円の土地」があった場合に、後者でも十分に建築することができるのです。

 

そのために、建物の価格は大きく変わらずとも、総費用を大きく抑えることができるというわけです。

八角形の家は住み心地もバツグン

さらにオクタゴン住宅は住み心地の良さにも定評があります。

 

通常の四角形の住宅では、窓は4面にしか設けることができません。

 

そのため、季節により風向きが変わると風が十分に入る季節と、入らない季節が出てきます。

 

その点、オクタゴン住宅は最大で8面に窓を設けることができますので、どの季節でも変わらず、風を通すことができます

八角形の家は地震に強く柔軟な設計

そして、最後に構造の強さと設計の柔軟性について紹介します。

 

実は従来から日本の住宅には、地震に耐える構造を維持するために、住宅の四隅に火打ちという斜めに入る部材が必要不可欠です。

 

通常の四角形の住宅には、正方形の木材を火打ちとして使用するのですが、オクタゴン住宅では、壁自体が火打ちの役割も果たしてくれるために、耐震性の強さにも定評があります。

 

さらに、通常であれば建物の強度が上がるほど、住宅の柔軟性は損なわれるのですが、オクタゴン住宅なら、インパクトのある見た目のオリジナルの住宅を建築することができます。

八角形の家でオリジナルな住宅を手に入る?オクタゴンで理想を実現に!

オクタゴン住宅は価格・構造・柔軟性という点で、非常に優れた住宅と言えます。

 

少しわがままに、ほかにはないオリジナリティのある家を建てたいという方にはおススメの住宅です。

 

是非、理想の間取りや設計でありながら、安心して暮らすことができ、経済的に負担にならない住宅を手にしてみてはいかがでしょうか?