平日はめいっぱい仕事。

でも、週末は景色の良いところでのんびりと過ごしたいな・・。

 

リゾートホテルに泊まる?

毎週末は高くて無理!

 

そんな時、ふと週末だけ暮らせる家がもう一つあったらいいなと思いませんか?

 

その夢を実現できるのが「二地域居住」です。

二地域居住とはその名の通り、二つの地域に住むことです。

 

家が二つあれば、平日は会社の近くで暮らし、週末は空気のきれいな、自然豊かな場所で過ごすことができます。

今回は二地域居住の特徴や生活するためのポイントをご紹介します。

二地域居住とは?特徴・費用は?ポイントを抑えて家を持つ?

二地域居住

二つの地域に住む、と聞くと、別荘なのかなと思うかもしれません。

軽井沢などが有名ですね。

 

以前はお金持ちの人が所有するというイメージでしたが、今では手ごろな価格で売られている物件もあります。

 

古くなった別荘をリノベーション(大規模改修)して、若い世代がセカンドハウスとして週末を過ごすことも増えています。

 

また戸建ての所有だけでなく、賃貸でアパートに住んだり、シェアハウスを選択する人も。

 

要は「もう一つ住む家」があれば、二地域居住は可能になります。

 

気になるのは費用面ですが、所有する場合は購入代金と毎年の固定資産税が、賃貸の場合は敷金、礼金や毎月の家賃がかかりますね。

その他、移動にかかる交通費や、二ヶ所分の水道光熱費など。

 

ちなみに住民税は、住民票に記載されている住所(一ヶ所)にだけかかるので、二ヶ所に課税されることはありません。

二地域居住で生活するためのポイント

ポイントはやはり、どこで暮らすかを決めることです。

 

どういう生活をしたいか、どんな場所で過ごしたいのか。

今、国や地方自治体も人口減少や地域活性化対策のため、二地域居住を応援しています。

 

情報発信している地域も多いので、いろいろと調べて検討してみて下さい。

 

また気候や生活習慣など、その地域によってかなり違いますので、住む場所を決める前に実際に訪ねてみて、自分にとって暮らしやすい所かどうか確かめてみることをおすすめします。

二地域居住を選択する?費用や特徴を考えて豊かな人生を送る?

二つの地域で暮らす、二地域居住。

 

平日と週末で全く違う場所に住んだら、出会う人々が増えていろいろな刺激があり、より豊かな人生が送れると思います。

 

また週末だけであっても「居住者」が増えれば、地域の需要が増える、地域コミュニティ活動の担い手が増えることも期待できます。

 

2030年には1000万人を超えると予想される二地域居住、よかったら考えてみませんか?