ここ数年、二世帯住宅がとても人気です。

住宅展示場に行くと、「二世帯住宅です!」というモデルハウスがいくつも見られます。

 

二世帯住宅では、主に親世帯と子世帯の二つの世帯が1つの家の中で暮らしていますが、1つの家、と言っても全てが一緒ではなく、玄関は分かれているなど、プライベートな空間は確保できるように工夫されています。

 

世帯は別、だけどすぐ近くに住んでいる。

確かに、魅力的ですね。

 

しかし将来、もし離婚することになって財産分与をすることになった時、または親世帯に不幸があって相続が発生した時、二世帯住宅ではどのような問題が起こるのでしょうか?

 

ということで今回は、財産分与と相続時の注意点・トラブルをまとめてみました。

二世帯住宅の財産分与・相続時のトラブル?注意点は?

二世帯住宅の場合の財産分与の注意点

財産分与とは、結婚していた期間に築かれた財産を夫婦それぞれに分割し、清算することです。

 

ちょっと難しいですが、結婚してから貯めた預金や購入した家などの財産を、離婚する時に分けるということですね。

 

二世帯住宅も、夫婦どちらか、あるいは共有の財産となっていた場合は財産分与の対象になりますが、家を分割することはできません。

 

このような時、1世帯のみで住んでいた家でしたら、夫婦で話し合って売却し、得られたお金を分割することもできますが、二世帯住宅ではもう一つの世帯の生活のこともあり、売却は難しくなるだろうと思います。

 

もしも離婚することになった時、あまり想像したくないですが、財産分与が困難になりやすいことをぜひ頭の片隅に置いてみて下さい。

二世帯住宅の場合の相続時の注意点

二世帯住宅の相続では、他に相続する人への遺産分割に注意することが重要です。

 

例えば、親名義の土地に家を建てた場合、家の所有者が子どもであっても、親が亡くなった場合は土地部分については相続財産となります。

 

相続する人が自分だけではなく、兄弟姉妹がいましたら財産を分けることになりますが、やはり土地を分割することはできませんよね。

 

このような時は、分ける土地に相当する金額の現預金を相続してもらうという方法があります。

親の財産に現預金があまりないようでしたら、保険金を活用することもできますので、検討してみて下さい。

 

ここで参考になる動画を以下に紹介しますね。

二世帯住宅に暮らす前に注意すること!財産分与・相続と将来を見据えて!

家を建てる時は、夢も膨らみますが、いろいろと考えること、やらなければならないことも多くありますよね。

 

二世帯住宅の場合は特に、同じ家に住むもう一つの世帯の生活や、後々の相続のことまで考えておくことが大事になってきます。

 

しかし一番に心がけたいのは、夫婦仲良く、家族仲良く、親兄弟姉妹とも仲良く暮らしていくことだと思います。

 

それが出来れば苦労しない!と言われそうですが・・。

もしも財産分与が、そして相続があった場合に慌てないためにも、事前の備えをぜひ話し合ってみて下さいね。