現在、猫の飼い方は室内飼いを各自治体や動物病院でも推奨しています。

そのため、一生を室内で過ごす猫には、快適な居場所や運動のできる空間を造ってあげる事が必要です。

 

猫の身体能力は高く、運動のできる場所がある事で肥満やストレスの解消になると言われています。

 

そこで猫の喜ぶ居場所造りと、運動ができるインテリアを見てみましょう。

室内飼い猫の運動不足解消もかねたインテリアまとめ!ネコのストレス解消でお洒落に!

猫は外を眺めるのが好き

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:https://cdn.wanchan.jp/c/necochan.jp/pro/crop/670×340/center/4/258f71e0dcc1d3509eb3808912eb56a9.jpg)

 

猫は外を見る事ができる場所が好きです。

外を行きかう人や車、鳥の動きに興味深々です。

 

猫の上がれる高さの日当たりのよい出窓があればそれでよいのですが、そのような場所が無い場合は、以下のようにしてはどうでしょうか?

 

窓に猫が登れる台付きの脚立を設置する

(画像引用元:http://ecx.images-amazon.com/images/I/511Cf2pPL8L.jpg)

 

猫見晴台を取り付ける

(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/f/c/fc4a9da5.jpg)

 

 

収納もかねた窓へのアプローチ
猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://sanosuke-cat.jp/wp-content/uploads/2015/01/853bfbccde0b0413b88e63c33e87c7be.jpg)

 

上に上がる事で運動にもなります。

そして日当たりがよい時間では、そこで日向ぼっこもします。

猫は高い所から見下ろすのが好き

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/menmasan/imgs/4/2/425c8e63.jpg)

タンスの上等にも、家具伝いに上がり、上から眺めるのが好きです。

さらに運動となる猫専用の階段の設置も喜びます。


(画像引用元:http://www.orange-house-jp.com/sekou/06_pet/images2014_02/img_04.jpg)

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://4.bp.blogspot.com/-2Uz8CjoWGZ0/VO2N16Z3UuI/AAAAAAAANXM/_RURadca85c/s1600/DSC_0004.jpg)

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://blog-imgs-59.fc2.com/t/e/a/teamnecohouse/13071103.jpg)

 

以下のように大掛かりなものでなくても、ご自分で設置するタイプもあります。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://bonbi-pet.jp/pic-labo/catwalk_1s.jpg)

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:https://cdn.kaumo.jp/element/59ac1d12-d8fd-4c98-a580-bb4a89033576.jpg?w=700&h=700&t=resize&q=90)

 

また猫タワーでも運動と高い居場所が造れます。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp/waki-int/cabinet/pet/jipt-01-s.jpg)

本格的にキャットウォークを造ってあげる

新築の際に梁を利用して、タワー階段から上げれるキャットウォーク等の設計をして設置したい方は、このような方法もあります。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/c/a/t/catshouse1122/catwalk.jpg)

 

こちらもアスレチックジムのような猫の動きを見て楽しむ事も出来るキャットウォークです。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://juutakudesign.com/2014/01/17/リビングのキャットウォーク1.jpg)

 

また支柱には縄が巻いてあり、爪とぎも出来る螺旋式のタワーです。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://nekojournal.net/wordpress/wp-content/uploads/2015/01/150123cattower-600×328.jpg)

天井から吊り金具で設置する方法もある

吊り金具を使えばこのような設置もできます。


(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/kanameloyd/imgs/d/d/ddb1bce1-s.JPG)

猫の運動をかねたインテリア

どうでしたか?本格的な物から設置するだけの物まで、ご紹介しましたが大きなポイントは、外を見る事のできる窓の居場所と、昇降運動する場所があれば良いと思います。

 

他にもロフトがあれば階段を斜めに掛け、段板を少し広目にしてあげれば、昇ったり途中で、くつろいだりできます。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://design-hyousatu.com/pic-labo/p-8.gif)

 

また壁面に収納BOXを階段状に設置すれば猫階段となりインテリアともかねる事もできます。

猫 室内飼い 運動不足
(画像引用元:http://lh3.googleusercontent.com/-S4DFx4qoMJY/VWGM8I6R-_I/AAAAAAAAFWU/IZukOcIzIBk/s640/blogger-image-475237292.jpg)

 

猫は狭い所が好きなのでBOXの中にも入りたがるかもしれませんが…

室内飼い猫の運動不足解消と

我が家では2匹の猫を飼っていますが、玄関上の2階、南向きの大きな出窓が猫見晴台です。

車、人、庭の木に来る鳥、電線に留まる鳥、家族の出入りの様子などが見る事ができ、お気に入りの場所となっています。

帰宅した時、外から出窓を見ると2匹仲良く並んでジーット見られています。

 

ロフトが2段階になっていて、梁の出ている部分がキャットウォークとなり、階段を上がったり下りたり、階段の途中でくつろいだりと、この場所も、お気に入りの場所です。

猫用に造ったわけではないのですが、今となっては猫の運動場所となっています。

 

みなさんも何気ない場所がネコの運動場所となりますので、自分のネコの行動にあわせて、おしゃれも兼ね合わせたインテリアづくりをしてみましょう!