2004年から販売されている、”無印良品の家”。

家具や生活雑貨のブランドが住宅を販売するという、アイデア満載のプロジェクトは人気を呼び、ついに、マンションリノベーションも手掛けるようになったそうです。

 

家具や雑貨などの暮らしを入れる器、それが家づくり。こういったコンセプトが、どのようにマンションリノベーションに展開されているのでしょうか?

 

今回は、

無印がリノベーションを手掛けるようになったワケ

無印のリノベーションの特徴

気になる価格について

調べてみましたので早速ご紹介します。

無印がリノベーション?特徴は?無ブランドの価格や値段、費用はどれ位?

無印がリノベーションを手掛けるようになったきっかけは?わけは?

無印良品 リノベーション

一戸建て仕様の無印良品の家、そして賃貸マンションのリノベーションプロジェクトを経て、2015年9月から、一般向けに中古の分譲マンションのリノベーション事業をスタートしています。

 

“MUJI INFILL 0″という考え方を商品化し、スケルトン状態からのリノベーションを提案しているため、部分的なリフォームは受け付けていないそうです。

 

では、なぜ無印良品がマンションリノベーションを手掛けるようになったのか?

 

もともと、一戸建ての無印良品の家では、建物をスケルトン(構造体)とインフィル(内装・設備)に分けて設計する方法を採用しており、ライフスタイルの変化や家族の成長に応じて可変性のある間取りを実現しています。

 

家具や建具などのインフィルで自由に仕切る一室空間は、マンションにおいても同じく求められるものでしょう。

そこで商品化されたのが、”MUJI INFILL 0″という考え方だったようです。

無印のリノベーションの特徴は?

無印のリノベーションの考え方は、2つのコンセプトから成っています。

 

すっぴんの空間にして、「暮らしの原点 = 0をつくり」「必要なものを+していく」というコンセプトです。

それでは、それぞれのコンセプトをご紹介します。

①MUJI INFILL 0

住居の床・壁・天井、全てを解体し、躯体・サッシ・水回りだけにした、住まいの原点。

未来の見える器を作るのが、”MUJI INFILL 0″です。

 

室内をフルスケルトンにすることで、配管や構造性能も一新するので安心です。

②MUJI INFILL +

内装を自由に編集するための暮らしのパーツを提案するサービス。

 

家具や収納はもちろん、7000アイテムを超える無印の商品群から、好みのアイテムを組み合わせて、暮らしにプラスしていきます。

無印のリノベーション!気になる価格・値段は?

無印のリノベーション、実際の物件を見学したり、リノベーションの相談をしたい場合、どこに行けば良いのでしょうか?

 

公式サイトによると、2016年8月現在、リノベーション相談窓口は、無印良品有楽町店のリノベーションセンターのみのようです。
※MUJI INFILL + は、全国5店舗で取り扱い可。

 

気になる価格ですが、スケルトン状態にして、オリジナルの水回り商品(キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ)などを入れて、70㎡で600万円前後だそうです。

これに、MUJI INFILL +を導入する場合、建具や家具を入れて、平均で150万円前後とのこと。

 

せっかくフルリノベーションするのであれば、”MUJI INFILL 0″と”MUJI INFILL +”の2つを活用したいですね!

無印だからこそ!リノベーションから暮らしのアイテムまでトータルで揃う!

中古マンションは古い物件の方が好立地だったりもするので、リノベーションの可能性が広がるほど、住み方の選択肢も広がります。

 

一戸建てのコンセプトをマンションリノベーションにも応用した無印が提案する、”暮らしの器”。

 

住宅設備から収納、家具、食器に至るまで、全てを無印のアイテムで揃えることもでき、シンプルで居心地の良い空間になること間違いなしですね!