収納や事務所・趣味の場所・離れのお家等が欲しい方に木製プレハブを建てるのはどうでしょうか?

 

お庭に建てて外観も楽しめる、おしゃれなタイプは誰もが欲しくなってしまうかもしれません。

 

その木製プレハブのメリットとデメリットと価格、ご自分で建てられるタイプを調べてご紹介したいと思います。

木造プレハブの違いやメリット・デメリットは?価格はいくら?

木製プレハブのメリット

〇カスタマイズしやすい
木製の壁には棚や金具が取付やすいので便利

〇補修が出来る
釘やビスが打てるので補修が容易にできます。
またパネルごとの交換も可能です

〇デザインが魅力的
お庭などの自然環境に映えるデザインが魅力的

〇室温の変化が緩やか
木材は熱伝導率が小さいので外気温が伝わりにくく室温の変化が緩やかです。

〇解体した時の廃棄がしやすい
木材は解体廃棄ともしやすく解体木材を燃料にしたり再利用することもできる。

〇ご自分で建てられる
キットになっていてDIYでご自身でたてることが出来る商品もある(作業マニュアル・DVD付きもある)

木製プレハブのデメリット

〇塗装のメンテナンスが必要
木製品の外装部は腐朽防止のために1年に一回程度の再塗装が必要です。

〇設置制限
防火・準防火地域では設置制限があります

〇スチール製に比べると高価
木製は材料の使用量と加工量が多いためスチール製より高値です

〇組み立て時間がかかる
スチール製に比べると組み立て時間がかかります。

木製プレハブで自分で建てられる商品は?

ではどのようなタイプがあるのか見てみましょう。

組立説明書付きのご自分で建てられる商品をご紹介します。

木製パネルタイプ

パネル化されたツーバイフォー工法で積雪や風力などの外力にも耐える建築構造となっており、屋根パネル・壁パネル・ドア窓パネル・床の構成パーツを組み立てる方式です。

木造プレハブ
(画像引用元:http://www.hokutobussan.com

“パネルハウス社製
面積:4.97㎡・約1.5坪・約3畳
キット価格:280,800円(税込)送料別途

こちらはオプションの観音開きドアパネルを取付けて開口部が大きいので自転車や大きな物の収納も便利です

 

木造プレハブ 価格
(画像引用元:http://www.hokutobussan.com

“パネルハウス社製
面積:20.7㎡・約6坪・約13畳
木製プレハブ小屋トラス構造タイプ
キット価格:960,120円(税込)送料別途

大型ハウスでも組立説明書付きでDIYで組立可能です

 

この他にも面積の広いタイプや天井高の高いタイプ等のバリエーションがあります。

木造プレハブ 価格
(画像引用元:http://www.hokutobussan.com

デッキバルコニー付きタイプも揃っています。

大型ホームセンターで取り扱っているログハウス

ジョイフル本田ではミニログハウスの販売をしています。

 

日本の風土に合わせた仕様でミニログハウスを開発していて独自のルートで直輸入をしています。

木造プレハブ 価格
(画像引用元:https://www.joyfulhonda.com

6畳の広さのログハウスキット
価格:666,500円(税込)送料別途

こちらの商品はオンラインショップでも購入できます。

DIYで建てられる木造プレハブで価格をおさえる?普通とは違い建てるのも楽しい!

今回ご紹介した木製プレハブはDIYで建てられると紹介されている物を取り上げてみました。

 

調べているうちに、お友達どうしや家族でワイワイと小屋を建てるのは楽しそう!と思いました。

またご自分の好きな色に塗って楽しめる魅力もあります。

 

私の知り合いにもピアノのレッスン室や事務所として、お友達に協力してもらい建てた方がいますが、可愛らしい感じに仕上がっていましたよ。