食育や住育という言葉により、私たちの暮らしについて、あらためて学びの意識が高まっています。

 

それでは、”ウッドスタート”や”木育”という言葉を聞いたことがありますか?

 

こちらも、食育や住育同様、私たちの暮らしや日本の森林環境について学び、行動しよう、というもの。

 

今回は、木育(ウッドスタート)とは何か、木育(ウッドスタート)の特徴や活動についてご紹介します。

木育?ウッドスタートとは?どんな活動をしている?その特徴は?

木育、ウッドスタートとは?

木育とは

木育とは、2004年に北海道で生まれた言葉です。

そしてその後、2006年に「森林・林業基本計画」において閣議決定された言葉でもあります。

 

幼児から高齢者までを対象とし、木材に対する親しみや木の文化への理解を深めよう、という目的のもと、

木を使うことと環境を守ることのつながりを一人一人が考え、行動することで、「木の伝統」を受け継 ぐ力を育てたい、という思いが込められています。

 

次に、ウッドスタートとは、日本グッド・トイ委員会が展開している”木育”の行動プランのこと。

 

子供をはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じ、豊かに暮らしを送ることができるようにしていく取り組みだそうです。

 

また、全国の市区町村や企業、幼稚園などが、”ウッドスタート宣言”を掲げ、地域材利用を推進し、活動しています。

木育、ウッドスタートの特徴

木育推進協議会では、以下の3つが木育のステップとして推奨されています。

 

①触れる活動

木材に触れ、感じる活動

②創る活動

木材を用いて、創り、楽しむ活動

③知る活動

木材と環境について、知り、理解する活動

 

また、ウッドスタートについては、以下の3つを推奨しています。

 

①ファーストトイこそ地産地消で!

赤ちゃんが初めて出会うおもちゃ”ファーストトイ”は地産地消であることを推奨しています。

②若いママパパを木のファンに!

学習机の購入や家を建てたりと、子育ての時期に親たちが木に親近感を持っているかどうかが、国産材の消費量拡大に向けて大切なポイントとなります。

③地産地消で木工業の地場を育てる

木工業の活性化を目指し、木工職人たちによる木のおもちゃ作りが生業として成り立つ仕組みを目指しています。

木育、ウッドスタートの活動について

ここでは、木育の活動方針をもとに、実際に取り組まれているウッドスタート(日本グッド・トイ委員会)の活動をご紹介します。

木育キャラバン

木育を体感するための、手作りのアミューズメントパーク。

木のおもちゃに触れる、移動型のおもちゃ美術館が全国を回って活動しています。

木育インストラクター養成

木のモノ・木のある暮らしを提案し、創造するとともに、木育を推進していくリーダーを養成する活動のこと。

主に、全国の保育士・幼稚園教諭・子育て支援関係者や、一般の方々を対象に行われています。

木育円卓会議

木育やウッドスタートを全国各地で推進する会議のこと。

森林や林業に関わる人たち、行政や幼稚園・保育・子育て支援に関わる人たち、などの様々な人たちが円卓を囲み、活動を広げています。

空間木育化

企業と連携して、子供たちが過ごす空間に地域材を取り入れていく試みのこと。

例①:無印良品店舗内に、国産材を使った”木育広場”の設置が進められ、今では全国で約40箇所に広がっています。

例②:長野県信濃町の子育てサロン「木育ルーム なかよし」は町の自然や風土が感じられる空間を、町内の木材を使って職人さんたちが作りあげました。

木育(ウッドスタート)の活動で大人も子供も、もっと木に触れよう!

いかがでしたでしょうか?

 

私たちの生活の中で、木を意識したり触れたりする機会は減ってきているように思います。

 

大人も子供も、木の香りを楽しんだり、木に触れたり、そしてその木がどこからどうやって私たちの手に届いているのかを学んでみたり、木育を意識して過ごしてみませんか?