普段の生活の中で、「なにかイライラする」「ストレスが多い」「疲れを感じやすい」と感じ、「しっかりしなきゃ」「ちゃんとしなきゃ」と無理に頑張ろうとしていませんか?

 

しかし、実は無理に頑張らなくても、思い通りに生活することができます。

 

そして、今回は思い通りの生活を実現するひとつの手段として、

人生を変える転機?ミニマルライフを実践するメリットとは?

と、「ミニマルライフ」について紹介していきます。

ミニマルライフとはどういう意味?メリットは?最小限のもので暮らす?

ミニマルライフとは?どういう意味?

ミニマルライフ とは

まずミニマルライフの意味から紹介していきます。

ミニマルとは英語で「最小限」という意味をさし、極力モノをもたない生活を「ミニマルライフ」と言います。

 

モノが溢れた現代でにおいて食事や娯楽に事欠かなくなった人々が、豊かさを求め、必要最小限のモノのみ保有する動きが活発となり、ブームとなりました。

ミニマルライフは勇気をもって手放すこと

始めに「ミニマルライフ」のイメージを紹介すると、「手放す」ことです。

 

節約と違う点は、「我慢」というマイナスな心の動きではなく、あくまで自分から自発的に行う行為であるというところです。

 

しかし、ポイントは「不要なモノをもたない」という点ですので、それぞれにこだわりのあるモノや思い入れのあるモノは、とっていただいていて構いません。

 

その反対に、洋服やインテリア、料理器具などの特に思い入れのないモノを手放すことを指します。

ミニマルライフのメリットは「選択しない」生活

恐らく、「断捨離」という言葉で、モノを手放すメリットについては知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

事実、「豊かな人はモノをもたない」「シンプルな生活」など、モノを手放した結果、他にたくさんのモノを得られたという本やサイトなどがたくさんあります。

 

実は、「豊かな人にはモノをあまり所有しないという共通点がある」というのは本当で、「悩まないためのスキル」とも言われています。

 

「人間はどうしてもモノがたくさんあると選んでしまう。その理由は、そこに選択肢があるから」というように、人間の本質をしっかり理解し、無駄なエネルギーを節約しているんです。

 

例えば、起床し、「なにを着て行こうか?」と悩んだ時に、人はすでにストレスを感じているんです。

これがあくまでワンシーンであって、「お昼はなにを食べる?」「どこで買い物する?」など、人は以外にも選択する機会が多いのです。

ミニマルライフでストレスから解放される時間・暮らしを

是非、ミニマルライフのエッセンスを取り入れ、少しでも選択する機会を減らしてみることをおススメします。

 

外を歩いていると、自動的にさまざまな情報が目に入り、自動的にエネルギーを使ってしまいます。

 

家にいる時間だけでも、極力選択しなくても済むような環境に身を置いて、リラックスしてみてはいかがでしょうか?