マットブラックという言葉を聞いたことがありますか?

インテリアとして2017年のトレンドとして言われていますが、いったいどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで今回は、

マットブラックとは?

マットブラックのインテリアの特徴?

マットブラックのインテリア効果について

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

マットブラックのインテリアとは?おすすめアイテム組み合わせは?効果・特徴は?

マットブラックとは?

マットブラック インテリア

黒でも特に深みのある艶消しのマットブラックは【黒の中の黒】と言われているそうです。

普通の黒とは違い、艶がなく存在感のある黒が「マットブラック」と言われています。

マットブラックのインテリアの特徴・ポイント

マットブラックは2015年にアメリカでインテリアトレンドとして紹介され、注目されました。

 

一番目立ったのは、キッチンです。

汚れが目立ってしまう、マットブラックをキッチンに使用したそうです。

その斬新さが評価を受けたそうです。

 

また、2017年のインテリアで、流行りそうなのは、マットブラックと言われており、

T(タイムレス/Timeless) ⇒ 永遠の、時代を超えた。
E(エレガント/Elegant) ⇒ 優雅な
V(ヴァーサトル/Versatile)⇒ 多才な、多目的の

と、マットブラックはこの3つの言葉の頭文字を合わせて、TEV(テヴ)と名付けられてマットブラックのコンセプトとなっています。

 

TEVはマットブラックをより優しく、どんな場面にも合うという意味で、インテリアに使用したそうです。

 

しかし、マットブラックは黒が強いので部屋が暗くなりやすいです。

お家の部屋、カフェバーなどにマットブラックを使う時は、マットブラックの面積を狭くして周りのインテリアと同調させるのがポイントです。

マットブラックのインテリアの効果

無地のマットブラックは部屋の光を吸収し、本棚などの大きな家具の近くに、マットブラックを置くと圧迫感が減る効果があります。

 

またマットブラックは、自然の色とよく合います。

そのためインテリアに使うマットブラックは自然な色と合わせると北欧風になり、部屋の雰囲気がガラリと変わるので、自分の好きな部屋にカスタムできます。

 

相性の良い色は、白、グレー、ベージュが合い、穏やかな雰囲気になります。

 

壁は、平面な壁紙より少し立体感があるとマットブラックの重い雰囲気が和らげます。

レンガ風になるブリック壁は、マットブラックに合うので、シックな雰囲気になります!!

インテリアのトレンド、マットブラック!おすすめアイテム組み合わせで自分が好きな所に置こう!!

今回は、マットブラックについて紹介させていただきました。

 

マットブラックは、インテリアの商品だったようです。

2017年に流行るといいですね!!

 

今から新築を建てられる方、部屋のリフォームを考えている方におすすめです。

 

マットブラックを使って、自分の好きな雰囲気にカスタムしてみてはどうでしょうか?