窓・サッシは普段よく目にするものです。

しかしそんな窓・サッシの事について役割を詳しく知っていますか?

 

知ってるだけで、効果的にまたはデザイン的に役立つはずです。

 

そこで今回は窓、サッシを選ぶために

窓、サッシはどんな役割をしているのか?

窓、サッシにはどんな種類、特徴があるのか?

窓、サッシのおすすめと注意点は?

について紹介したいと思います!!

窓・サッシの選び方?そもそも役割は?種類・特徴は?

窓・サッシの種類

窓・サッシの種類~アルミ~

窓・サッシに使われるアルミは、強い力がかかっても丈夫で軽いです。

軽い素材なので、窓・サッシを動かす時に、扱いやすいのが特徴です。

 

また、雨、風などを防いでくれます。

 

 

他にもアルミは熱が伝わりやすので、熱は防ぐ事ができません。

 

腐りにくい、サビにも強いアルミですが、長い間使っていると、劣化して、腐ってしまうことがあるので、一年に1回は、窓・サッシを確認しましょう。

窓・サッシの種類~樹脂~

窓・サッシで使われる樹脂は、熱が伝わりにくく、熱を防ぐには便利な素材です。

 

また、寒い地域で使用されています。

 

材料となるものは、塩化ビニール樹脂です。

樹脂は、アルミよりも強度が強くありません。

そのため、強度を高くするために樹脂を厚くしています。

窓・サッシの種類~木製~

木製のサッシは、他の素材に比べて腐りやすく、摩耗したりと耐久性は劣っています。

 

しかし無垢材だけを用いたもの、集成材・積層材を使うことによって木製で劣っている所を克服した改善がされています。

 

また気密性を高めるために、木が曲がらないように、しっかり乾燥させた製品もあります。

窓・サッシの種類~複合サッシ~

最近では、木のサッシだけではなく、複合サッシがあります。

 

アルミと樹脂、アルミと木製などを組み合わせる事ができます。

他にも外側にアルミを使い、室内に樹脂、木を組み合わせるサッシがあります。

窓・サッシはどんな役割をしているのか?

窓 選び方

サッシは、家に住んでいる人のプライバシーを守る、リラックスして生活ができるようにすることと、寒い時は室内の熱を外に逃がさないような働きがあります。

 

サッシは、家と外の空気を入れ換える大事な場所で、人の出入りや物を移動などがあります。

 

夏場は、外からの暑い空気が入り込まないように工夫も必要です。

冬場は、窓に結露ができやすいので、表面温度を上げるために熱を外に逃がさない工夫も必要です。

窓・サッシのトレンドは?

最近では、温暖化が原因で熱を外に逃がす高性能なサッシがあります。

その為、熱を逃がす機能がある樹脂サッシが増えています。

 

また温暖化の影響で暑い時期が多いため、室内と室外の中間に特殊な素材でアルミサッシを挟む製品が増えてきました。

 

外からの光や自然を見たいお客様もいるため、サッシの枠を薄くする事でガラスの幅が広くなり、外からの光を取り入れやすい製品もあります。

窓サッシのデザインと注意点

窓のサッシは、最近では、お洒落を重視する方が多く、丸型、正方形、細めの長方形など住宅にあった様々な製品があります。

 

おしゃれなサッシをつける事によって家の雰囲気が変わります。

 

サッシがあることで、住んでいる人のプライバシーを守るだけではなく、外からの風が入りやすいようなデザインもあります。

 

他にもシャッター、網戸などの組み合わせが自由にできる製品もあります。

 

ただし、デザインだけではなく、部屋の空間にあった窓の明け閉め、使いやすさ、掃除のしやすさを確認することも大切です。

窓、サッシの作りは大事な場所で選ぶ時に注意!デザインと掃除・使いやすさの両立を!

窓、サッシは寒さや暑さを調節するための大事な場所です。

 

今は住宅に合わせたサッシや窓を作る事ができるのはいいですね!!

 

昔と違って、色々なデザインがあると、自分の好きなデザインを飾る事ができて自由度も上がり、理想の窓・サッシをデザインしてみてはいかがでしょうか?