高齢になると、健康や住まいのことについていろいろと考えると思います。

 

特に住まいは、自宅をリフォームして暮らしやすくしたり、二世帯住宅にして子ども家族と暮らしたり、または別の場所に転居したりと、選択肢が多いですね。

 

別の場所への転居を考える場合は、実は今、国が積極的に推進している住宅があるのです。

 

その名は「サービス付き高齢者向け住宅」。

 

サービス付き高齢者向け住宅はどんどん数が増えていますが、入居の条件などはどのようになっているのでしょうか?

 

今回は、サービス付き高齢者向け住宅の特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

高齢者向け住宅とは?メリット・デメリットを考えて暮らす?特徴は?

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

 

サービス付き高齢者向け住宅の大きな特徴は、介護サービスを受けながら暮らせる、賃貸住宅(※)であるということです。

 

国の基準によって居住スペースの面積が一定以上であることや、バリアフリーであることなどが決められていて、食堂や共同リビングを備えている所もあります。

 

入居できるのは「60歳以上の高齢者または要介護・要支援認定者、及びその同居者」となっています。

 

通常の賃貸住宅と同じように、入居時に敷金を預けて、月々の家賃を支払いながらそれぞれの部屋で暮ら事ができます。

 

しかし、食事の提供などのサービスを受けた場合は、その費用も支払います。

 

なお介護サービスについては、サービス付き高齢者向け住宅が行うこととされているのは安否確認と生活相談で、その他のサービスは外部に依頼しなければならない場合もあるので注意して下さいね。

(※) 最近では賃貸住宅ではなく、介護付有料老人ホームに近いサービス付き高齢者向け住宅も出てきています。

 

以下に参考になる動画を紹介しますね。

サービス付き高齢者向け住宅のメリットやデメリット

メリットはやはり、高齢者の方にとって生活しやすい環境が整っているということです。

 

体力面で不安がある場合は、バリアフリーであることや、必要な時に介護サービスを受けやすいことは安心につながると思います。

 

反対にデメリットは、安心して暮らせる分、一般の住宅に住むよりも費用が高くなりがちであるというところです。

 

家賃に加えて共益費やサービス支援費などがかかるので、入居する際は月々の費用をよく確かめることをおすすめします。

サービス付き高齢者向け住宅への入居を決めるにあたってメリット・デメリットを考えて…

サービス付き高齢者向け住宅は全国いろいろな場所に建てられていて、空きがあって入居条件を満たしていれば住みたい場所で暮らすことができます。

 

これまで仕事や学校の都合などで、住むことを諦めていた所を居住の候補にできることも、サービス付き高齢者向け住宅の魅力なのではないかと思います。

 

都会の便利な場所や、地方の緑豊かな場所。

 

介護サービスも受けられますし、転居もできますし、安心を備えたうえで自分の思い描いた生活を楽しめます。

 

今、注目されているサービス付き高齢者向け住宅を、高齢になった時の住まいの候補に入れてみませんか?