不要な物を捨てる断捨離が注目を集め、多くの人が不要なものをもたない大切さに気づきはじめた昨今。

住宅業界でも同じように必要なスペースに、こだわりの機能だけを備えた「コンパクトハウス」が注目を集めています。

 

今回は、コンパクトハウスの定義のから、実際に立てる際の注意点、どんな方におススメなのかまで幅広く紹介していきます。

住宅で断捨離?コンパクトハウスとは?失敗しない方法?価格・費用は?

そもそもコンパクトハウスとは?

コンパクトハウス

実際に一軒家を建築した方や土地を探したことがある方は、お分かりの方も多いと思いますが、実は家を建てるにあたって、その大半を占めるのが土地。

そして、建築するに当たり、必要な土地の広さは建てようとする家の床面積と同等と言われており、その分土地の選択肢も狭くなってしまうんです。

 

その点、今注目を集めているコンパクトハウスは、30坪以下の住宅を指し、必要な土地も大きい必要がありません。

そのため、費用を抑えつつも、利便性を兼ね備えた住宅を建てることが可能になり、自分だけのこだわりの住宅を手に入れることができるのです。

コンパクトハウスは必要な装備だけ!いくらから建築できる?

コンパクトハウスは一般的に30坪以下の住宅を指し、金額としては土地の価格が大半を占めるため幅はありますが安くて1800万円程度から建てることができます。

 

そして、コンパクトハウスが選択される理由は建物と土地を所有しつつ、賃貸よりも安く住むことができるためです。

 

ちなみに、1800万円を借入した場合には月々5万円程度の支払いとなり、自分の資産として住宅と土地を手にすることができます。

コンパクトハウスで失敗しない!理想を明確に持ち続けよう!

しかし、実際のところは費用を抑えながら、必要な装備だけを備えた住宅の設計は簡単ではありません。

 

その理由は構造や間取りではなく、住宅メーカーとの打合せの中でどんどんとほしい設備が出てきてしまうからです。

 

そんな失敗を避けるために、「理想」を常に固めておく必要があります。

 

営業マンに「こんな設備はどうですか?」言われても、必要なのか?不要なのか?をしっかりとチョイスできる状態にしておくことが大切になります。

 

失敗例としては、不要な設備を「お子さんが増えた時のために・・・」など、あらかじめ備えてしまうこと。

コンパクトハウスにおいては現状に合わせた、また将来設計に合わせた住宅の計画が大切になります。

失敗しないで予算合わせた価格で!こだわりのコンパクトハウスを建てるために!

さきほども紹介しましたが、「理想」をしっかりとイメージしておくことです。

 

具体的にコンパクトハウスのメリットとしては、面積が小さく、費用が掛からないために土地を幅広く選択することができます。

 

そのため、街中や駅近などを希望する方にはおススメです。

是非、ご自身の理想に合わせた住宅を手ごろな価格で、手にしてみてはいかがでしょうか?