花粉症の時期でも、お部屋の換気や掃除はしたいですよね。

 

窓を閉めていても花粉は外出した人に付いてきて、お家の中に入ってしまいますし、ハウスダストも気になるので、やはり掃除は必要です。

 

また換気をしないと、お部屋の空気は汚れ、湿気も溜まってしまいます。

 

では、花粉が飛散する時期には、どのように換気や掃除をすればよいのかを、ご紹介しましょう。

花粉症対策で部屋の換気や掃除方法は?

花粉を大量に入れない換気と掃除の時間と天候

換気をするには窓を開けなければなりません.

しかし、出来るだけ花粉の飛散していない時間や天候にして大量流入を避けましょう。

時間

お昼の12時~15時頃までが花粉の飛散量が多い時間です。

花粉 掃除
(画像引用元:http://www.sumirin-ht.co.jp

そして夕方は人通りが多くなるので、また飛散量が多くなります。

 

また日没後にも気温が下がる為上空にあった花粉が舞い降りて来ます。

 

ですから換気と掃除をする時間は午前中か夜の飛散量が少ない時間に行いましょう。

天候

飛散量の多い天候は晴れて気温が高く乾燥している日と風の強い日、そして雨の降った翌日です。

花粉 部屋 掃除
(画像引用元:http://kenko.rcc.jp

こんな天候の日を避けて換気と掃除をしましょう。

また雨の日は花粉は舞いません。

カーテンや網戸の使い方

レースのカーテン

窓を開けた時に通常のレースのカーテンを引いておくと花粉の流入量を4分の1に減らす事ができます

花粉 対策 掃除
(画像引用元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp

また花粉対策機能付きのレースのカーテンを使う方法もあります。

 

レース裏側に花粉やホコリを吸着する加工がされており花粉をカーテン裏側で吸着してくれます。

 

そして、吸着した花粉はお洗濯で落とせばよいのです。

汚れ防止加工もされているのでお洗濯で白さも維持できます。

網戸

網戸は通常の網ですと花粉が網戸にぶつかり、花粉が砕けて花粉症を起こすアレルギー物質が出てお部屋に入ってしまうそうです。

花粉 部屋 掃除
(画像引用元:http://www.ainokaze.jp

網戸には高密度繊維のフィルターを取付ける方法もあります。

 

花粉を80%以上シャットアウトしつつも通風は確保できます。

 

フィルターに付いた花粉は掃くだけで大部分の花粉は落ち、残りは雨や水で落ちます。

少しの花粉でも症状が出てしまう方

レースのカーテンや網戸で花粉の流入量を減らしても症状がでてしまう方は空気清浄機を利用しましょう。


(画像引用元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp

空気清浄機は人の動きが無い時に効果を発揮するので24時間運転しておきましょう。

掃除の仕方

換気する対面の窓は空気の入り口となる窓を、10cmで出口の窓は大きく開けると換気効果があります。

 

その時、花粉対策用のレースのカーテンや網戸を引いておくと安心です。

 

そして花粉は床に溜まりますが、人が動いても少しの風で舞い上がってしまうので、人が少ない時間や朝1番で掃除をしましょう。

花粉 掃除 換気
(画像引用元:https://lidea-assets.s3.amazonaws.com

またフローリングは掃除機をかけると舞い上がってしまうのでモップや拭き掃除のほうが効果的に取り除く事ができます。

花粉飛散時期でも対策をしてお部屋のお掃除と換気!

マスクやゴーグル等で、ご自身の対策も忘れずして下さい。

 

掃除に夢中になり後で具合が悪くなるのも辛いですものね。

 

春先は花粉症の方には気が重くなる時期だと思いますが、先程ご紹介したような花粉対策フィルターを換気扇や換気口にも取り付けて、なんとか花粉飛散時期でも換気やお掃除ができると良いですね。