事務所を建てたいと思った時に、短期で、できるだけ負担を抑えて事務所を建てる方法として、プレハブの事務所を建てる選択があります。

 

短い工期で建てる事ができるので、起業やビジネスチャンスのタイミングを逃さず、事務所が用意できるのが魅力です。

 

そのプレハブ事務所の特徴とメリット、種類、を調べてみました。

プレハブ事務所がおすすめ!メリットや特徴、種類は?

プレハブ事務所の特徴とメリット

プレハブ工法とは規格化された部材を工場で生産して現場で組み立てる工法で品質が安定していて、設計、生産、施工を合理化させ短期で建てられることが特徴です。

 

メリットとしては工期の短縮で早期開業、早期業務開始ができ、収益性UPにもなり素早い拠点展開が出来ます。

 

また、工期の短縮は近隣環境への影響を最小限に抑える事が出来ます。

 

さらに、計画、工事の経費を最小限に抑えることが出来ます。

 

工期の短縮は近隣環境への影響を最小限に抑える事ができ、事務所に必要な断熱性や遮音性も優れています

 

そして、在来工法のように室内に柱がないので広い空間が造れます。

(広々とした室内のプレハブ事務所)
プレハブ事務所
(画像引用元:http://www.purehabu-showa.jp/example/image/item3/178_2.jpg)

プレハブ事務所の種類

コストパフォーマンスの高いタイプから低コストのタイプまで用途や予算に応じた以下の種類があります。

 

恒久プレハブタイプ:恒久的に利用したい、デザイン性を重視したい

中級プレハブタイプ:コストパフォーマンスを重視したい、高い居住性

ユニットプレハブタイプ:最短工期で建てたい

 

期間限定の使用や経費を削減したい場合はプレハブリースの方法もあります。

(高級プレハブタイプ)

(画像引用元:http://www.technohouse.jp/photo/j6_photo1_1_1.JPG)

(ユニットプレハブタイプ)
プレハブ事務所 メリット
(画像引用元:http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra181/users/0/4/8/7/kussysano-img600x450-1454291435hddouq27178.jpg)

タイプにより外装・内装も充実することが出来る

プレハブのタイプにより窓やドアの変更ができます。

また外壁材も選べることができるタイプもあり窯業系のサイディングで準防火地域にも対応する事ができます。

 

さらに内装に関しても天井や壁材の仕様が選べます。

事務所の用途や地域により耐震性や断熱性、遮音性に配慮したタイプが選べます。

事務所+倉庫や居住性もあるプレハブ

プレハブ事務所でも二階建てや、下階が倉庫や駐車所で二階を事務所にする設計も可能です。

 

最近のプレハブで驚いたことは、簡易感があるプレハブから、一般の住宅並みのプレハブまで仕様が幅広くある事と、デザイン性のある事務所に対応している種類もありプレハブのイメージは変わりました。

 

さらに需要もふえているのでプレハブ事務所は発展しているのだと思いました。

 

基礎工事からプレハブを建てるまで一括で行える会社もあり、打ち合わせなどの手間も最小限で出来るのも魅力です。

(ユニットプレハブ事務所でも少しおしゃれ)

(画像引用元:https://www.nagawa.co.jp/uploads/59342388556e276782ed211.09999183.jpg)

 

(倉庫兼用事務所)

(画像引用元:http://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra232/users/6/4/6/5/xfsdd154-img450x376-14747068401474706840.5027838bn0ms37838.jpg&dc=1&sr.fs=20000)

みなさんも事務所の建てるなら、魅力いっぱいのプレハブはどうでしょうか?