北欧風住宅ときいて何をイメージしますか?

広い草原のなか、住宅が一件置かれているイメージがありますがみなさんは、どう考えるのでしょうか?

 

しかし、具体的に考えると北欧風の住宅とはどんな一軒家になるのでしょうか?

 

そんな北欧風住宅ですが、

北欧風住宅とは?

北欧風住宅の特徴・仕組みは?利点・利用方法は?

北欧風住宅の価格・値段と相場は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います?(^○^)

北欧風の住宅?どんな家・デザイン?特徴・仕組みは?価格・相場は?

北欧風住宅とは?

北欧風住宅 特徴

インテリアデザインでも人気のスウェーデンの住宅をイメージしたものになります。

厳しい冬を過ごすスウェーデンの住宅にならい、防寒や断熱性に優れた構造のブランドが多いようです。

北欧風住宅の特徴・仕組み

【特徴】

屋根は急勾配の大きな三角屋で、ドーマーと呼ばれる小さな小屋があるのが外見の特徴としてあげられます。

屋根や外壁の色は北欧でも地域差がり、色々有ります。

しかし、どれもレンガやタイル、板張りの外壁に赤系の瓦屋根などが特徴としています。

 

素朴な中でどっしりとした重みのある佇まいが特徴です。
※建物のサイズも日本と北欧は異なります。

日本では古くから910㎜や1820㎜単位で、部屋の大きさが決まっていきますが、北欧では1200㎜のモジュールが一般的です。

 

【仕組み】

積雪量が多いため、急勾配になっている屋根が目をひきます。

 

寒さ対策のポイントとなるのが、木製の3層サッシです。

室内の熱が外へ逃げないだけでなく、すきま風の侵入もバッチリ防げます。

 

他には見た目にも木製で温かみがある雰囲気になっています。

日照時間が短い地域なので、太陽の光を効率的に取り込めるように、窓を大きめに設置しています。

北欧風住宅の利点・利用方法あるか

【利点】

急勾配の屋根は、伝統的な北欧住宅の意匠ですが、現代の視点からも、建築デザインとしての利点が認められています。

●屋根の汚れが流れやすくて耐久性が高まります。

●雨漏りのリスクが減少します。

●建物が威風堂々と見えます。

●屋根裏収納がしやすくなります。

●換気がしやすいです。

●屋根に雪が積もりにくいです。

 

【利用方法】

お子様のいるご家族に人気がある、リビングに階段がある間取りとなっています。

リビングに階段がある間取りなので、家事をしつつ帰ってきた人を迎えることができます。

そのため自然に家族がリビングに集まる環境ができます。

北欧風住宅の値段・相場

古川工務店の「スウェーデンスタイル」

施工費は坪40万円~となっており、高額プランが多い北欧風の住宅の中では、優しい価格帯となっています。

スウェーデンハウス

最高水準のスウェーデン住宅ながら、ここはかなり安い価格で提供しています。

展示場を持たず宣伝費を大幅にカットした結果、坪単価は大手ハウスメーカーに比べて約3分の2の価格になっています。

【坪単価】

坪数  坪単価(万円)
32   505,000
33   500,000
34   495,000
35   490,000
36   489,000
37   488,000

北欧風住宅!快適に過ごしやすい特徴・デザインの家

北欧風住宅について紹介させていただきました。

 

スウェーデンハウスが人気のある物件というのはわかりました?

インテリアなどもシンプルに合わせる事ができるのは、スウェーデンハウスの魅力的な所だと思います!

 

リーズナブルな値段で、建てられる会社があるのはお得ですね!ヽ(*´▽)ノ♪