北米風住宅ときいて、何を浮かべますか?

 

涼しそうな色合いの家なのかな??

北米と言っても具体的になんなんでしょう?

正直北欧と区別がつきません…

 

そこで、今回は北米風住宅の特徴、利点、価格・値段について紹介したいと思います?(^○^)

北米風住宅?北米に特徴の家?特徴・利点は?価格・値段は?

北米風住宅とは?

北米風住宅

北米住宅の舞台となっているのは、ワシントンやオレゴン・アイダホなど西部開拓史時代にゆかりのある地域と、カナダです。

 

17~18世紀に、ヨーロッパの人々がアメリカに移住して、母国での建築様式を踏まえつつ…もっと立派な家を作ろうとしたのがはじまりだと言われています。

北米風住宅の特徴・仕組み

北米風住宅の特徴

北米住宅特有の優雅な外観やクラシカルなイメージ、個性的なデザインが華やかな印象ですね。

アメリカンスタイルでまわりがうらやましがるような、暮らしを連想させる輸入住宅は特に外観に特徴があります。

 

北米スタイルは、アメリカにわたってきたヨーロッパの移民によって作られ始められ、国の建築様式を取り入れながら確立されたものです。

 

北米スタイルの代表的な、「アーリーアメリカン」は、木製の外壁にドーマー窓は、屋根裏や吹き抜けへの明り採り、外気導入を目的とした窓を取り付けられたスタイルです。

他にも北米スタイル「ジョージアン」は外壁にレンガ・タイル貼りを使ったスタイル等があげられます。

北米風住宅の仕組み

ツーバイフォー工法は、高気密・高断熱の空間を作ってくれます。
※この工法は19世紀に北米で生まれたのが始まりました。

日本で取り入れられている2×4工法とは使う木材などに少々違いがあるようです。

 

北米ならではの土足文化を合わせて、フローリングに使う木材は堅いものを使用します。

色もダークブラウンなど、濃いめのものが好まれる傾向があります。

北米風住宅の利点・利用方法あるか

吹抜けで家じゅうがつながる空間でも、高気密・高断熱の輸入住宅なら冬も暖かく快適に過ごせます。

 

対面式のシステムキッチンもLDK全体が見渡せて、ダイニングテーブルと隣接しているので、動線が短縮できます。

そのため、爽やかな風が通り抜けるような設計ができます。

北米風住宅の値段・価格、相場は?

【北米風のエコ住宅】

耐震・制震W施工「オレゴンシリーズ」

1854年にアメリカに入ったオレゴン州は、自然が多く木材産業が盛んです。

そのため、住宅建材家具の有名な産地でもありました。

坪単価は55万円になります。

 

【スウェーデンスタイル】

施工費は、坪40万円~になります。

高額プランが揃う北米風の住宅の中では、良心的な価格帯になります。

北米風住宅は、特徴を活かした快適に過ごせる家です!

吹き抜けがあって、夏、冬が快適に過ごせるのはいいですよね(*^―^)ノ♪

 

個性的で可愛い家に住みたい方には、おすすめの物件ですね?ヽ(*´▽)ノ♪