家族と一緒だった実家を離れて、ひとり暮らしを始めると今までは家族が行ってくれていた事を自分ひとりでしなければなりません。

 

そのひとつに台風が来る時の対策があると思います。

 

では、ひとり暮らしで台風が来るときには、どのような準備と対策をすればよいのかを確認してみましょう。

一人暮らしの台風対策は?

住まいの環境を知る

住まいの立地環境を知り大雨が降った時にはどのような状態になるのかを知っておく必要があります。

 

土地が低く雨水が集まってしまい車や自転車、そして歩行も危険に感じる地域があります。

 

また川沿いでの川の氾濫と沿岸沿いでの暴風の影響はどれぐらいあるのか等の、地域的な台風の影響具合を不動産屋や、長年住んでいる住民の方に聞いておくのも対策のひとつです。

 

崖のそばでは土砂崩れの被害の心配もあります。

 

不安な要素のある地域にお住まいの場合は過去に台風が来た時の災害状況をご近所の方に聞いておくとよいでしょう。

そして災害時の避難場所も確かめておきましょう。

台風が来た時の対策

マンションやアパートでは雨戸が無い事があると思います。

 

風圧や物が飛んできてガラスが割れる場合の事を考えてカーテンを閉めておきましょう。

 

賃貸でも飛散防止フィルムを貼っても良い場合は貼っておくと安心です。

一人暮らし 台風
(画像引用元:http://www.mmm.co.jp

 

ベランダの物干し竿を降ろし、ベランダに置いてある物を室内に入れるか飛んでいかないようにしましょう。

一人暮らし 台風
(画像引用元:http://blog-imgs-50.fc2.com

もし上階から落下したら危険です。

 

自転車やバイクが倒れないようにしてカバーを掛ける場合は飛んでいかないようにしっかりひもで縛り付けるなどの対策をしておきましょう。

台風対策に準備する物

準備しておくと安心な物をまとめてみました。

〇電池式のラジオ
〇飲料
〇食料(停電・断水時には缶詰は重宝します)
〇懐中電灯
〇断水時のトイレ用の水(浴槽に水を貯めておきましょう)
〇停電時に備えて携帯電話の充電をする

家族との連絡や出先からの帰路を考える

住んでいる場所により台風の影響は違うので家族の方はきっと心配しています。

一人暮らし 台風対策
(画像引用元:https://i2.wp.com

連絡をして、お互いに状況を確認しあうと良いと思います。
台風の影響で電車やバスが運休になっても家族に迎えに来てもらえないので、会社や学校でも台風情報を把握して帰路の方法を考えておきましょう。

こんな日はタクシーもなかなかつかまりません。

 

あと停電になる可能性を思うとエレベーターは使用しないほうがよいでしょう。

一人暮らしの台風対策は住まいの環境を知り準備・対処する

住み始めたばかりで台風が来る事になったら不安が一杯ですよね。

そのためにもご近所付き合いをしていると情報ももらえます。

 

風の影響を受けやすい電車は遅れや運転見合わせ等という事もありますが、そんな情報も住み慣れた人から聞いて置けば、いざという時に慌てずにすみます。

 

また同じマンションの住民の方と知り合いになっていれば、お互い助け合う事もできますし心強いと思います。

 

ひとり暮らしでは助けてくれる家族がいないので色々な情報を知っている事が大切だと思います。

 

近所のお店の方と知り合いになり情報を教えてもらうのもおすすめの方法だと思います。