最近、外国風の住宅を見かけます。

日本の住宅と違い雰囲気があって、素敵な家が多いですよね?(゚∀゚*)

 

そこで、今回は英国風住宅の特徴、値段などについて紹介しますヽ(*´▽)ノ♪

英国風住宅とは?特徴・仕組みは?価格相場は?

英国風住宅とは?

英国風住宅

英国風住宅とは、木の梁を生かしたデザインの【チューダー調】絵本から抜け出たような【コッツウォルズ調】森の中の邸宅をイメージしたタイプ、海岸リゾートタイプなどさまざまです。

 

いずれもアンティークな家具が良く似合うデザインです。

英国風住宅の特徴・仕組み

☆特徴☆

枕木など古びた雰囲気の木材を使うことも多く、アンティークのような感じで落ち着いた雰囲気です。

英国スタイルでも代表的なのが、イギリスのチューダー朝時代に誕生した建築様式である、チューダー様式です。

 

☆仕組み☆

コンクリートブロックのように見える黄土色の塊が断熱材です。

日本のものとは比べものにならないぐらいの厚さですね。

ヨーロッパでは高断熱、高気密は当たり前になっています。

 

ヨーロッパでは二重、三重窓が普通です。

日本の住宅の窓より、2倍以上の厚みのあるしっかりした頑丈な窓です。

 

漆喰とレンガのコントラストがきいた外壁が人々から注目されやすく、梁や柱が外からも見えるようなっているティンバーというもので作り上げているのも特徴的です。

英国風住宅の利点・利用方法あるか

ヨーロッパでは壁付けキッチンや独立型のキッチンが多いようです。

ダイニングルームは、お客様が使える場所として、住居者のプライベート空間とキッチンと分けて別の部屋になっている家庭が多いです。

 

水まわりをまとめてひとつにしている家もあります。

1カ所にまとめることで、ゆったりとした広いスペースを確保できます。

英国風住宅の値段・相場

コッツワールドの英国住宅は、外壁の仕上げ方によって、大きく3種類あります。

☆石灰系塗り壁☆

坪単価70万円~になります。

2×4工法、外壁面には厚さ90mmの高性能断熱材を使用。

 

☆総レンガ・チューダー☆

坪単価80万円~になります。

2×4または2×6工法、

外壁面には厚さ140mmの高性能断熱材を使用。

 

☆総ハニーストーン☆

坪単価90万円~になります。

2×4工法、外壁面には厚さ140mmの高性能断熱材を使用。

総2階建てで延床面積40坪以上の場合の目安です。

 

三井ホームのチュダー調の住宅は、同社独自の屋根構造材「ダブルシードパネル」により、小屋裏をさまざまな用途に利用できるロフト空間として有効に利用することが可能となっています。

販売価格は、76坪プロトプランで5,338万円
※坪単価69.6万円・参考価格です。

憧れの英国風住宅で充実感を!特徴的な家に住んで見る?

建物の壁をレンガに変えたり、英国風のデザインのアレンジができるから最高です(*´・ω・`)bね。

 

英国風住宅に住んでみたい方におすすめですね。