インテリア初心者でも安心!トレンドのカッパーについて、特徴や取り入れ方、おススメコーディネートを知ろう。

“カッパー”という言葉を聞いたことがありますか?

 

ラテン語では”コッパー”とも呼ばれています。

カッパー(copper)とは、銅を現す英単語です。

 

よく耳にする”ブロンズ”は青銅を指し、カッパーは、”せきどう”と呼ばれる銅の種類となります。

ヘアカラー用語においても、少し赤みがかったオレンジ系の茶色は”カッパー系”と言われています。

 

インテリアアイテムとして国内外で注目されているカッパー、今回はその特徴や取り入れ方、おススメな組み合わせをご紹介します!

カッパーインテリアでおすすめコーデは?コッパーの特徴は?取り入れ方・作り方は?

カッパーの特徴

カッパー インテリア

カッパーとは、美しい赤味を帯びた色が特徴で、メタリック素材でありながら、その優しい色味はどこか懐かしさを感じる、使い込まれたような風格を感じます。

 

空間になじみ、様々な色やインテリアとも調和する、万能選手とも言えそうです。

気軽に取り入れることができるので、インテリア初心者でも安心ですね。

カッパーの取り入れ方

どんなインテリアとも調和する、カッパー。

お部屋のアクセントとして、取り入れ方をご紹介します。

①キッチンに、あえて見せる収納で

銅といえば、お鍋を思い出しませんか?

 

銅製のお鍋は、熱伝導率も高く、抗菌作用にも優れています。

 

そのキレイな色味は、キッチン内部に収納するなんて勿体ない!

あえて見せる収納にすることで、インテリアとしても空間を引き立ててくれそうです。

②照明で空間のアクセントに

アンティークなダイニングテーブルに、優しいメタリックなカッパーの照明。

カッパーは、アンティークやレトロな家具にもマッチします。

 

また、照明の形が個性的でも、カッパー色にすることで柔らかさを演出できそうです。

③小物使いでさりげなくこだわりを演出

フラワーベースや時計、ゴミ箱など、小物使いにもカッパーを取り入れてみましょう。

主張しすぎず、さりげなく個性を引き出してくれる心強いアイテムですね!

④食器にもカッパーを

カトラリーやお皿、カップなど、食器にカッパーを取り入れることで、食を優雅な雰囲気にしてくれそうですね。

カッパーとの組み合わせ、おススメコーディネート

どんなインテリアとも相性の良いカッパーですが、その中でもおススメな組み合わせをご紹介します。

①ピンクベージュとの組み合わせ

カッパー インテリア コーデ

カッパーとピンクは、とても相性の良い組み合わせです。

カッパーの赤味を帯びた光沢は、ピンクと合わせることでグラデーションのように広がりを見せてくれます。

②ホワイトとの組み合わせ

カッパー インテリア コーデ

ホワイト×ナチュラルベージュの北欧風の組み合わせに、アクセントでカッパーのアイテムをプラスしてみましょう。

カッパーの光沢が、引き締め役に。ホワイトで雰囲気がぼんやりしてしまった場合にもおススメです。

③ブルーとの組み合わせ

カッパー インテリア コーデ

お互いに引き立てあう存在です。ブルーはカッパーをより鮮やかに見せてくれます。

メリハリのあるインテリアにしたい場合におススメです。

オシャレなインテリアをカッパー!コッパーでおすすめアイテム・作り方でコーデ!

インテリアをオシャレにしたい!そう思っても、どう演出したら良いのか、どうしたらオシャレに見えるのか、悩みますよね。

 

カッパーは、トレンドでありながら、インテリア初心者の心強い味方でもあるように思います。

まずは小物から、気軽に取り入れてみましょう!