シックハウスという言葉はきいた事がありますか?

 

最近、度々聞くようになりましたが詳しい事まではわかりません…。

どうやら家でかかる病気のようですが一体…

 

そこで今回は、

シックハウスとは?

シックハウスの原因、理由は?

シックハウスの対策・対処法について

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

シックハウスとは?家で病気にかかる原因?アレルギー対策・予防策は?

シックハウスとは?

シックハウスとは

シックハウスとは訳すと【病気の家】と言う意味だそうです。

家の中にいるだけなのに、体に反応が起きてしまうことです。

 

人によって様々ですが、病気や健康被害、アレルギーが出てしまい、特に多いのは、新築、リフォームをした家に住んでいると、目がチカチカしたり、喉が痛くなったり、めまいや吐き気、頭痛などの症状が出やすくなります。

シックハウスの原因・理由は?

シックハウスになる原因は、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの化学物質が原因になっています。

住宅建材や、家具などに使用されていることが多いようです。

 

【シックハウスの原因】

●住んでいる家で空気の通り道がないと、原因となる物質が室内にたまってしまうことも。

●ダニやカビは、 湿度が高くなりやすい家で発生しやすくアレルギーの原因となります!!

●体質の変化により、昔に比べて今の方が、化学物質、アレルギー物質に過敏な人が多くなっています。

シックハウスの対策・対処法として国も法改正した?

シックハウスにかかる方が多い為、平成15年7月1日に、シックハウス対策として、建築基準法が改正施行されたようです。

 

それでは、以下に建築基準法で改正されたことを紹介しますね!!

●ホルムアルデヒドを発生させないように内装仕上げの面積を制限。

●常時換気できる設備の設置を義務づけされたそうです。ホルムアルデヒドの建材を使用しない時も、すべての建築物に常に換気ができる設備の設置が義務づけ。

●天井裏や床下、収納部材の内部の制限し、機械換気設備をつけて、天井裏なども換気できるようになった。

自分で出来る!シックハウスとの対策・予防は?

換気によるシックハウス対策

適度な換気を行い、換気システムはスイッチは切らない。

換気設備が整っている家は、フィルターの清掃を定期的に行う事も大切です。

 

家を新築した時やリフォームをしたら、部屋の中には化学物質が多いので、窓を開けて風が通りやすいようにする。

夏は、部屋の中が暑くなりやすいので、窓を閉め切らない。

化学物質となるものを減らすことが大切

新しいカーテン、じゅうたん、ワックス類に化学物質を発散するものがあります。

防虫剤、芳香剤、消臭剤、洗剤などもシックハウスの原因になります。

 

人によっては、化粧品、香水、整髪料などは使わない、室内でタバコを吸わない、暖房器具は使わないで、排気を外部に出す暖房器具を使うのもよいです。

シックハウスにかからないように原因を知り、予防・対策!

シックハウスについて紹介させていただきました。

 

昔に比べると、花粉症、アレルギーがある症状が増えてきたなぁと感じる事が多くなりました。

こちらの記事を読んで、少しでも興味があれば嬉しいです。