端的に言えば、家の中に駐車場をという発想から生まれるビルトインガレージ。

車庫をシャッターで閉じてしまえば防犯性も向上すると同時に愛車が風雨に晒されてしまうことも防げます。

 

ビルトインガレージはただの車庫である以上に、お気に入りの趣味のスペースとしての活用や、メンテナンスのためのスペースとして利用するなどさらなる用途を持たせられる魅力があります。

 

今回はそれだけではない、ビルトインガレージのメリットや、採用する時に欲張ってみたいポイントを調べてみたのでご紹介します。

ビルドインガレージとは?メリットは?活用する時のポイントと抑えて利用?

ビルドインガレージの車庫がすぐそこにあるメリット

ビルドインガレージ

ビルトインガレージは住宅の中に駐車スペースを内包してしまうことが大きな特性です。

 

それにより得られる大きなメリットは、まず車へのアクセスが近くなること。

車に乗って出かけたいという時、部屋から一歩踏み出せばすぐに車に乗り込むことが出来ます。

 

沢山の買物をしたあとでも荷物の積み下ろしが楽というのも嬉しいですね。

小さなお子様がいる場合にも安心です。

ビルトインガレージを作る時のポイント・コツは?

ビルトインガレージを設ける場合、シャッターで外部と縁を切るのが一般的です。

 

壁とシャッターに囲まれた空間は車にとっても安心・安全なスペースと言えます。

 

野外への駐車に比べると防犯性が高く、また、風雨を遮ることが出来るため塗装やコーティングの面でも寿命を伸ばすことが出来ます。

 

積雪や塩害などが想定される地域ではそのメリットは更に大きくなることでしょう。

 

また、バイクや自転車をお持ちの方はそれらを一緒にガレージに入れることが出来る点にも注目するべきでしょう。

 

趣味性の高いバイクや自転車は、車に比べると軽量な点において防犯性が劣るとされます。

屋根付き、鍵付きのスペースで保管できるとより安心かと思います。

ビルトインガレージは駐車スペースだけでない!他にも利用・活用法が!

ただの駐車スペースとしてだけではなく、使い方のプラスアルファを考えるのもワクワクしますね。

 

車弄りが趣味の方は、日々のメンテナンスを行えるように広めのスペースをとり、工具を収納する棚を据え付けておく。

替えのホイールを積んでおく場所なんかも考えておくと良いでしょう。

 

お気に入りの愛車をいつでも見ていたい方には、隣室をガラス張りにすれば駐車されている姿をショーウィンドウを眺めるかのように楽しめます。

 

そういった趣味はないんだと言う方には、ガレージを少し拡張して納戸のように使うのもおすすめです。

 

居住スペースには置きにくい堅牢な棚を用意して、特定の季節にだけ使う家財等を収納しておくことが出来ます。

検討は大変だけれどメリットが大きいビルトインガレージ!

ビルトインガレージを住宅に取り入れたい場合、構造の面や防火の面等、法規的に検討を要する点は少なからず出てきます。

 

しかし、それらの問題は専門家の検討を通してクリアすることが可能です。

 

ケースに合わせた検討こそ必要になりますが、ビルトインガレージを採用することで、新しい暮らしの風景や合理的な生活動線、優れた防犯性といった様々なメリットを享受することが可能です。