簡単に言うとエア(空気)をサイクル(循環)させましょう。

エアサイクルの家とは、家の外壁と内壁の間に空気が循環する層を作り絶えず循環させましょう。

 

そんな仕組みを備えた家の事です。

 

何故そんな事するの?

別に壁の中を空気が循環したって意味なくない?

だったらドーンと扇風機を置いて部屋の中に空気通した方が涼しくない?

 

むしろ今はエアコンの時代ですよ。

 

そう思った貴方!そこの貴方の事ですよー!!

 

是非最後までご覧ください。

きっと考えが変わりますよ。

では早速エアサイクルとは何か、勉強していきましょう。

エアサイクルの住宅とは?作られたきっかけ・経緯?特徴・仕組みは?

エアサイクル

 

日本の戸建て住宅の殆どが木造です。知っていましたか?

 

おそらくこの記事を読んでいる方の中にも住宅展示場に行ったり不動産屋さんを回ったりとした経験ある方多いと思います。

木造、多いですよね?

 

では木造住宅の平均寿命はご存知ですか?

あくまで平均ですが30年と言われています。

 

30年と言えばオギャーと生まれた子がそろそろ結婚しようかという年です。

長いですねー。

でも住宅ローンって何年ですか?

35年って方、多いと思います。

 

ちょっと待て!!

家の寿命よりローンの方が長いじゃん!!

 

急に短く感じてきましたね。

何故そんなに短いのか。

 

デザインが・・・・間取りが・・・・・色々あると思いますよ。

 

その中でも多いのが構造体が駄目になってちょっとしたリフォームじゃ対応出来ない。

 

構造体が駄目になるって?

構造体とはココでは土台、柱、梁の事とします。

 

シロアリに食べられてしまった。

湿気でカビが生えてしまった。更に進んで腐ってしまっていた。

高温多湿な日本では決して珍しい話ではありません。

 

そんな心配を解消してくれる家がエアサイクルの家なんです。

エアサイクルの特徴・仕組み

先ほども言いましたがエアサイクルの家には、家の外壁と内壁の間に空気が循環する層があります。

基礎部分から空気を取り入れ床下~壁~小屋裏と空気を循環させます。

 

それにより土台、柱、梁等の構造材が常に新鮮な空気に触れる事が出来るので壁の内部に湿気がこもりにくくなるのです。

 

木造住宅の大敵であるシロアリ、カビ、そして腐食。彼らは湿気が大好き、通気の良いところが大嫌いなのです。

これでエアサイクルの家はシロアリ、カビ、腐食に強いって事が解っていただけましたね。

 

001

引用:http://midorikensetu.jp/concept/house/air-cycle/image/Photo/Structure1Large.jpg

エアサイクルの家では上の画像の通り、床下用のエアオープナーから空気が入り壁の中を通り小屋裏のエアオープナーから空気が抜けて行っているのが解りますね。

 

このエアオープナー、開けたり閉めたり出来るんです。

 

赤ちゃんって開けたり閉めたりするの好きですよね?

我が家にも1歳の息子がいます。上手にハイハイして棚の扉を開けたり閉めたり、時には中の物を放り出したり。。。。

赤ちゃんあるあるです。

 

赤ちゃんをエアオープナーの前に連れて行ってあげてください。

開けたり閉めたり楽しいですよ。。。。。

 

すいません冗談です。

 

夏は開けます。

逆に冬は閉めます。

するとどうなるでしょう?

赤ちゃんが喜ぶという回答は無しですよ!

エアサイクルをどういった場面・利用方法があるか

では実際にエアオープナーを開けた状態、閉めた状態を見てみましょう。

2016y07m29d_214656860
引用:http://midorikensetu.jp/concept/house/air-cycle/image/Photo/FlowSummer.jpg
引用:http://midorikensetu.jp/concept/house/air-cycle/image/Photo/FlowWinter.jpg

夏は床下にたまった冷たい空気を循環させ、屋根裏にたまった熱気を外に排出してくれます。

冬は外からの冷たい空気をシャットアウトし、暖かな空気を建物の中に留めておく事が出来ます。

 

建物の温度と湿度を程よく調整してくれるのです。

冷暖房の効率アップで省エネ効果まであるんです。

 

ローン完済前に建物の寿命を迎えてローンだけが残るなんて嫌だ!

そんな事から導入したとしても、一変して地球環境に配慮した立派なエコロジストですよ。

家の健康を守るエアサイクル

みなさん自身や家族の健康ってとても気になると思いますし大切にしている事だと思います。

 

では、その人達が住む家は気にした事ありますか?

 

偉そうに言ってますが私もこのエアサイクルに出会うまでは考えてもいませんでした。

でも前述のとおり木造建築って湿度が大敵なんですね。

家って大切な家族や財産を守る重要な物なんです。

 

だからこそ、その家も長く健康な状態を維持し続けて欲しいと思いました。

そしてこの記事を読んでくださった皆様の家の健康に少しでも繋がれば幸いです。

 

興味を持たれましたらお近くの展示場、工務店さん調べてみてください。

きっと住宅の購入を考えている方には無駄にはならないと思いますよ。

エアサイクル工務店サイト