24時間換気システムは2003年の建築基準法の改正で導入が義務付けられました。その後、急速に普及が進んでおります。

 

しかし、なんで昔はなかったものが義務化されたのか、そもそも24時間つけっぱなしにしておく必要があるのか等の疑問を
お持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、24時間換気システムが登場した経緯と必要性についてご紹介します。

なぜ24時間換気システムが登場した?経緯・必要性は?メリットは?

日本の住宅の変化

24時間換気システム

古来の日本の住宅は、高温多湿な日本の風土に合わせて作られていました。

 

夏の暑さに対処するために風通しの良い作りの家を構え、冬は火を炊いたり服を重ね着するなどして対応しようという考え方です。

そのため、木造の住宅が多く気密性も最重要とは捉えられていませんでした。

 

重厚な石造りでシェルターのような住宅を構えてきた欧米の住宅文化との違いがお分かりいただけるでしょうか。

 

しかし、近代化が進むと日本の住宅も気密性を重視するようになります。

天然材料が内装に使用される割合も減少していきます。

 

シックハウス症候群が認知されるになったのも、従来の材料に取って代わった石膏ボードやビニルクロス、接着剤と言った現在主流の材料の影響があります。

 

それと並行してキッチンのガスコンロや、暖房といった設備機器も取り入れられるようなりました。

 

住宅の近代化は、気密性の向上と室内の環境変化を同時にもたらしたと言って良いでしょう。

 

気密性が向上した結果、それまで行われていた自然換気が十分に行えなくなってしまったこと。

そして、シックハウス症候群や設備機器の普及によって室内の空気をより積極的に循環させなくてはいけなくなったこと。

 

24時間換気システムの必要性が生まれてきた背景にはこれらの事情があります。

24時間換気システムの有用性

 

既に述べた住宅の変化は、経済性・合理性を求めた結果に生まれた悪いものということではありません。

気密性が向上すること事態には大きなメリットがあります。

 

隙間風が少なくなり、快適な室内環境を得られると同時に冷暖房器具の負荷も抑えることで省エネ効果を見込めます。

 

空気や温度の動きだけでは無く、湿度もまた注目すべき点です。外気に含まれる湿気が室内に運ばれると結露の原因となります。

 

断熱材は空気が止まっている状態、かつ乾燥した状態で性能を発揮します。

近代的な材料を有効に機能させるためには気密性が欠かせないということです。

 

こういった気密性のメリットを活かすために、犠牲になった自然換気を補うのが24時間換気システムです。

 

住宅内をトータルで環境的に良い状態にしておくために欠かせないものであるといえるでしょう。

現代に合わせた必要性・メリットをもった24時間換気システム!正常に動いていますか?

良好な環境のために24時間換気システムが働いているということは説明したとおりです。

 

正常に機能してもらうためにも通風口が塞がれていないか、

 

ちゃんと常時運転しているか等もう一度チェックされてみることをおすすめします。